【SEO対策のセカンドオピニオン】運用担当者が診断するときのポイント

SEO対策のセカンドオピニオン

いまのSEO施策で本当にいいのかわからない

現状のSEO施策を根本から見直すためにSEOセカンドオピニオンを活用しよう!

自社Webサイトの検索順位を上げたりセッション数をアップさせたりするには、SEOが非常に重要です。自社でSEOに取り組んだり、ノウハウを持ったプロの代理店に運用等を依頼したりする中で悩みをお持ちの方も多いでしょう。

課題の対する解決策として、現状のSEO施策を根本から見直すことは重要です。とはいえ、自社でWebサイトの現状を分析したり、最適化を行うためのノウハウやリソースがない場合も多いです。

そこでおすすめなのがSEOのセカンドオピニオンです。

こんな人におすすめ

  • いまのSEOが本当に最適なのか不安
  • 検索順位でなかなか上位表示されない
  • 代理店に運用を依頼しているのに、改善の提案をしてもらえない

資料内容

  • こんなお悩みはありませんか?
  • SEO対策のセカンドオピニオンとは
  • セカンドオピニオンでチェックする項目
    ①内部状況比較調査
    ②内部タグ分析
    ③キーワード解析(検索ボリューム)
    ④競合比較キーワード調査
    ⑤キーワード調査
  • ジオコードのセカンドオピニオンで依頼できること

資料抜粋

資料ダウンロードはこちらから

あなたのサイトは大丈夫?
SEO無料調査

貴社と競合のサイトを徹底調査します

資料ダウンロードフォームにて「SEO無料調査を希望する」を選択してください

調査レポートに含まれる内容

競合比較調査

競合のサイトパフォーマンスや、マーケティング状況を丸裸にします

SEO無料調査

キーワードとコンテンツの整合性、テクニカルSEO状況、改善案を調査します。