SEOの評価基準とは?webサイトの成功を導く重要な指標を解説 SEOの評価基準とは?Webサイトの成功を導く重要な指標を解説

【監修】株式会社ジオコード SEO事業 責任者
栗原 勇一

SEOの評価基準は、明確には公表されていませんが、Googleの方針や検索品質評価ガイドラインを参考に対策することは可能です。

参考となる情報を元に評価基準を想定し、適切に対策することが、より多くのユーザーに情報を届ける鍵となります。この記事では、どのようなサイトが検索エンジンに評価されるのかを把握するために必要な知識を解説します。具体的には、SEOの評価が決まるまでの流れや、検索品質評価ガイドラインの要点、評価が決まる要素について詳しく説明していきます。

また、企業でSEOを担当されている方向けに、当社独自のSEOチェック項目から、基本的なものを抜粋した「SEOチェックシート&マニュアル」を作成しました。ぜひ、自分で実践される際にご活用ください。

▼SEOチェックシート&マニュアル簡易版はこちら

ダウンロード自分で実践出来る、SEOチェックシート&マニュアル簡易版

評価が決まるまでの流れ

SEOの評価が決まるまでの流れは、クロール、インデックス、ランキング、レンダリングの4つのステップがあります。

それぞれについて詳しく解説していきます。

クロール

クロールとは、検索エンジンがWeb上のページを訪れて内容を読み取るプロセスのことです。このプロセスは、検索エンジンのクローラー(スパイダーとも呼ばれる)がリンクをたどってWebページを巡回し、ページの内容やリンク先などの情報を収集することで行われます。クロールの結果、検索エンジンはWeb上の情報を最新の状態に保ち、ユーザーに最適な検索結果を提供することが可能です。

SEOの観点からは、検索エンジンがWebページの情報を適切に読み取り、評価が正確に行われるように、クロールされやすいWebページの構造を整えることが重要です。

インデックス

インデックスとは、検索エンジンがクロールしたページの内容をデータベースに保存するプロセスのことです。

インデックスは、検索エンジンがユーザーの検索クエリに応じて関連するページを迅速に見つけられるようにするためのものです。Webページがインデックスに登録されることで、検索結果に表示されるようになります。

SEOの観点からはインデックスに登録されることが重要です。

ランキング

ランキングとは、検索エンジンが検索結果ページに表示するページの順序を決定するプロセスのことです。検索エンジンは、ページの内容や品質、ユーザーの検索クエリとの関連性などのさまざまな要因に基づいて、ページのランクを決定します。

SEOの観点からは、コンテンツの質を高めること、技術的な要素を最適化すること、ユーザーエクスペリエンスを向上させることなどが重要です。

また、権威性や信頼性を高めるために、E-E-A-T(Experience・経験、Expertise・専門性、Authoritativeness・権威性、Trust・信頼性)を意識した取り組みや、高品質な外部リンクの獲得、ブランドの知名度やWeb上での評判の向上も大切です。

レンダリング

レンダリングとは、Webページのコンテンツやデザインをブラウザ上で表示するプロセスのことです。

このプロセスは、ユーザーにとって見やすく、使いやすい形でWebページを表示することを目的としています。

SEOの観点からは、レスポンシブデザインやページ速度の最適化、ページエクスペリエンスの向上などが重要な要素となります。

また、検索エンジンがページのコンテンツや構造を適切に把握し、ユーザーの検索クエリに応じた適切な結果を提供できるように、Webページの設計や構成にも注意が必要です。

検索品質評価ガイドラインの要点

検索品質評価ガイドラインでは、Webサイトの評価基準として主に3つの要点を挙げています。「Needs Met(需要)」「Page Quality(品質)」「ユーザービリティ(使いやすさ)」です。

これらの要点を押さえることで、検索エンジンによる評価が高まるでしょう。

Needs Met(需要)

「Needs Met(需要)」は、コンテンツがユーザーのニーズをどれだけ満たしているかを評価ポイントとしています。

ニーズを満たすWebサイトにするためには、ユーザーが求める情報を提供し、役立つコンテンツを作成しなければなりません。

具体的には、キーワードリサーチを行い、ターゲットとなるユーザーがどのような情報を検索しているのか把握し、それに応じた内容を提供することです。

また、ユニークで価値ある情報を提供することで、ユーザーのニーズに応えることができます。

これらの要素を考慮し、ユーザーの求める情報を的確に提供することが、「Needs Met(需要)」の評価基準を満たす鍵となります。

Page Quality(品質)

「Page Quality(品質)」は、コンテンツの信頼性、専門性、権威性を評価します。

情報源が信頼できるかどうか、専門家が作成したコンテンツであるか、他の信頼性のあるサイトからリンクが張られているかなどがチェックされます。

また、ページのデザインや構成も品質評価に影響を与えます。具体的には、E-E-A-T(Experience、Expertise、Authoritativeness、Trust)の要素を考慮し、高品質な外部リンクの獲得やブランドの知名度とWeb上での評判を向上させることが重要です。

これらの要素を充実させることで、「Page Quality(品質)」の評価基準を満たすことができ、Webサイトの成功につながります。

ユーザービリティ(使いやすさ)

ユーザービリティ(使いやすさ)はサイトが使いやすく、ユーザーが求める情報に簡単にアクセスできるかどうかが評価されます。

サイトのデザインやナビゲーション、文字の大きさや色使いなどが考慮されます。例えば、直感的なナビゲーションメニューや、適切な文字サイズ、コントラストのある色使いが重要です。

また、モバイルフレンドリーなデザインも重要視されます。スマートフォンやタブレットでの閲覧が快適であることが求められており、レスポンシブデザインの導入やページ速度の最適化が不可欠です。

このようにして、ユーザーの利便性を第一に考えたWebサイトを作成することが、SEO評価基準を満たす鍵となります。

SEO評価基準の主要な要素

SEO評価基準には、4つの主要な要素があります。「コンテンツの質」「技術的な要素」「ユーザーエクスペリエンス」「権威性と信頼性」です。

コンテンツの質

コンテンツの質は、SEO評価基準の重要な要素のひとつであり、オリジナリティ、詳細さ、正確性、信頼性、関連性が評価されます。

オリジナリティは、独自の視点や情報を提供することであり、詳細さは、情報が充実していて理解しやすいことを意味します。正確性は、情報が正確で最新のものであることを求められます。信頼性は、情報が信頼できる情報源に基づいていることが評価されます。最後に、関連性は、検索キーワードとの関連性が高いことが重要です。

コンテンツの質を向上させるためには、キーワードリサーチやユニークで価値ある情報の提供が求められます。そのため、専門的な知識を持った著者によるコンテンツが評価されることが多くなります。

技術的な要素

技術的な要素もSEO評価基準の重要な部分です。ページの速度、モバイルフレンドリーなデザイン、適切なメタタグや構造化データ、検索エンジンがページをクロールしやすいかを図るクローラビリティなどが含まれます。

Webサイトの読み込み速度が速いほど、ユーザー体験が向上し、検索エンジンからの評価も高まります。モバイルフレンドリーなデザインは、スマートフォンなどのモバイルデバイスでの閲覧に適したレイアウトや操作性を意味し、これも評価の対象です。

適切なメタタグは検索エンジンがページの内容を理解しやすくするために、構造化データは検索結果に情報がよりリッチに表示されるようにするために役立ちます。クローラビリティは検索エンジンがページをクロールしやすいかどうかを評価する要素で、Webサイトの構造やリンクの配置が適切であることが求められます。

ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスは、サイトのデザインや構成、ナビゲーション、コンテンツの読みやすさなど、ユーザーが求める情報に簡単にアクセスできるかどうかで評価されます。

デザインは、視覚的に魅力的でありながら、情報を効果的に伝えるために整理されたレイアウトが必要です。また、サイト構成やナビゲーションは、ユーザーが目的の情報に迅速にたどり着けるように、直感的でわかりやすい構造が望ましいでしょう。

コンテンツの読みやすさは、文章の構成やフォントサイズ、行間などの細かいデザイン要素にも影響されますし、情報が簡潔かつ明瞭に伝わるように、適切な文章構成やデザインを心がけることも大切です。

権威性と信頼性

権威性と信頼性は、サイトやコンテンツが専門性を持ち、他の信頼できるサイトからリンクされているかどうかで評価されるポイントです。

信頼性を向上させる方法の一つは、E-E-A-Tを意識することです。E-E-A-Tは、サイトの経験、専門性、権威性、信頼性を評価する指標であり、これらの要素が高いと検索エンジンから好まれる傾向があります。

高品質な外部リンクの獲得も重要なため、リンクビルディング戦略を策定し、適切なパートナーシップやコラボレーションを通じて、自然なリンクを集めることも効果的です。

また、ブランドの知名度とWeb上での評判も、権威性と信頼性に関連します。良質なコンテンツを提供し、ユーザーの評価や口コミを通じて評判を高めることで、検索エンジンからの評価も向上し、最終的にはWebサイトの成功につながるでしょう。

コンテンツの質を高めるためのポイント

コンテンツの質を向上させるためには、キーワードリサーチとユニークで価値ある情報の提供が欠かせません。
この2つのポイントについて説明します。

キーワードリサーチ

キーワードリサーチとは、ターゲットユーザーがどのような言葉やフレーズを検索しているかを理解し、それに基づいたコンテンツを作成するための調査です。キーワードリサーチを行うことで、ユーザーが求める情報に答えられるため、検索結果でより高い順位を獲得することが期待できます。

キーワードリサーチを行う際には、以下のポイントを意識することが重要です。

  1. 関連性の高いキーワードを見つける
    ターゲットユーザーが検索すると予測できる言葉やフレーズをリストアップし、それらの関連性を評価します。関連性の高いキーワードを選択することで、ユーザーの検索意図に合致したコンテンツを提供できます。
  2. 競合他社と比較してユニークなアプローチを考慮する
    類似のキーワードを扱っている競合他社のコンテンツを調査し、それらと差別化できるユニークなアプローチを考えます。これにより、ユーザーに新たな価値を提供でき、SEO評価にもプラスになります。

キーワードリサーチを適切に行うことで、ユーザーの求める情報を的確に捉え、効果的なコンテンツ作成が可能になります。

ユニークで価値ある情報の提供

Googleのアルゴリズムは、信頼性の高い情報を提供するページを上位の検索結果に表示するように設計されています。

ユニークで価値ある情報を提供するためには以下の4つのポイントに注意しましょう。

  1. オリジナリティのあるコンテンツを作成する
    類似の情報がすでにたくさんある中で、新しい視点や独自の解釈を加えたコンテンツを作成することが重要です。
  2. ユーザーのニーズに応える情報を提供する
    ユーザーが求めている情報や解決策を明確に理解し、それを満たすコンテンツを作成しましょう。
  3. 情報の信頼性を保証する
    情報の出典を明記し、できるだけ正確で最新の情報を提供することが大切です。
  4. わかりやすく伝える
    情報を整理し、簡潔でわかりやすい言葉で表現することで、ユーザーにとって価値ある情報になります。

ユニークで価値ある情報を提供することで、検索エンジンからの評価が高まり、検索結果で上位表示される可能性が高まります。ユーザーの利便性を第一に考えたWebサイトを作成することが、SEOの評価基準とも合致することを意識しましょう。

技術的な要素

SEOの評価基準には、技術的な要素も含まれています。特に重要な「検出」と「理解」について説明します。

検出

検索エンジンはインターネット上をクロールして、Webページを検出します。このプロセスは、検索エンジンが持つインデックスに収録されているWebページを基に、そのWebページにリンクされている他のページをたどっていくことで行われます。

Webページを発見すると、検索エンジンはそのページをクロールします。クロールとは、WebページのHTMLやCSSなどのソースコードを読み込み、そのページに含まれる情報を抽出することです。

検出を最適化するためには、Webサイトのサイトマップを作成し、リンクを適切に設定することが重要です。サイトマップは、検索エンジンにWebサイトの構造を伝えることができ、検索エンジンがWebページをより効率的に検出できるようになります。

リンクの設定にも注意が必要です。リンク先が切れていたり、間違った場所に設定されていたりすると、検索エンジンがクロールできなくなることがあるためです。さらに、検索エンジンがWebページを正しく検出するためには、Webページのタイトルやメタデータ、ヘッダータグなどの要素にも注意を払う必要があります。

これらの要素は、Webページの内容を表す情報を提供するために重要な役割を果たすものです。検索エンジンはWebページのコンテンツや構造を分析することで、そのページがどのようなトピックやキーワードに関連しているかを判断します。Webページのコンテンツを最適化することも、検出を最適化する上で重要なポイントです。

理解

検索エンジンは、Webページの構造やメタデータを正しく理解することで、検索結果の適切な位置に表示します。

例えば、ページの構造やメタデータを適切に設定することで、検索エンジンはWebページのコンテンツを適切に理解することができます。Webページのコンテンツが正しく理解されることで、検索エンジンはそのWebページを適切な検索結果に表示することができるでしょう。

そのためには、Webページのタイトルタグやメタデータ、ヘッダータグ(h1、h2など)を使用して、コンテンツの概要や構造を明確に示すことが重要です。

ユーザーエクスペリエンスの最適化

Webサイトの成功には、ユーザーエクスペリエンスが欠かせません。レスポンシブデザインとページ速度が高い水準にあること、そしてページエクスペリエンスが優れていることが必要です。

レスポンシブデザインとページ速度

レスポンシブデザインは、ユーザーがどのようなデバイスでWebサイトを閲覧しているかを判断して、表示方法を最適化します。Webサイトが、モバイルデバイスやデスクトップにおいて適切に表示されることは、視認性や操作性において不可欠だからです。

また、ページの表示速度も重要な要素だと言えます。ユーザーがページをすばやくロードできるかどうかは、検索エンジンのランキングにも影響するためです。

ページ エクスペリエンス

ページエクスペリエンスとは「ユーザーがWebページを使用する体験」のことで、Webページに書かれている情報以外の価値を指します。これは、Webページの品質改善にかかわる一つの指標です。

Googleは、Core Web Vitalsと呼ばれるユーザーエクスペリエンスを測定する3つの指標を使用して、ページエクスペリエンスを評価します。これらの指標は、Webページの読み込み時間、視覚的安定性、およびインタラクティブ性に関連しています。

権威性と信頼性を向上させる方法

権威性と信頼性を高めるためには、E-E-A-Tを意識してコンテンツを作成しましょう。高品質な外部リンクを獲得することでも、権威性が向上します。

また、ブランドの知名度やWeb上での評判を向上させたり、ソーシャルシグナルを活用したりすることも効果的です。

E-E-A-T

E-E-A-Tとは、Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trust(信頼性)の頭文字をとったもので、Webサイトの評価において重要な要素とされています。

Googleは2021年5月にExperienceを追加し、これによりユーザーの利便性と満足度がより一層重視されるようになりました。E-E-A-Tを意識したコンテンツ作成によって、サイトの権威性と信頼性が向上し、検索エンジンでの評価も高まることが期待できます。

Experience(経験)

Experience(経験)は、コンテンツがユーザーのニーズや課題に対してどれだけ有益で、実用的な情報を提供しているかを示します。ユーザーが持つ問題を解決するための具体的な経験や実例がある場合、より高い評価を受けることができます。

ダイエットに関する記事であれば、実際に成功した人の体験談や、科学的根拠に基づく具体的な方法を提供することが重要です。このように、Experience(経験)を考慮したコンテンツ作成により、ユーザーにとって価値ある情報が提供されることが期待できます。

Expertise(専門性)

Expertise(専門性)は、サイトやコンテンツがそのトピックや業界で精通した知識や経験・スキルを持っているかどうかを評価する要素です。

専門性の高いコンテンツは、その分野の最新情報や正確なデータを元にしており、ユーザーにとって有益な知識を提供することができます。専門性を示すためには、記事の筆者がその分野の専門家であることや、引用される情報源が信頼性の高いものであることが重要です。また、適切な用語や理論の説明、業界のトレンドに関する分析など、専門的な視点を盛り込むことで、コンテンツの価値を高めることができます。

Authoritativeness(権威性)

Authoritativeness(権威性)は、サイトやコンテンツがそのトピックや業界でどれくらい認められているかを評価する要素です。この評価基準では、他の信頼できる情報源からどれだけ評価されているかが重要で、高品質な外部リンクの獲得が求められます。

権威性を向上させるためには、業界の専門家やインフルエンサーとのコラボレーションや、共同リサーチなどが考えられます。

また、ブランドの知名度やWeb上での評判も権威性に影響を与えます。積極的にPR活動を行い、口コミやソーシャルメディアでの言及を増やすことで、権威性が高まるでしょう。

Trust(信頼性)

信頼性は、サイトがどれだけ信頼できる情報を提供しているかを示す要素です。多くの人からの評判が良い場合、信頼性が高いと考えられます。

信頼性を高めるためには、正確で最新の情報を提供することや、サイト運営者などの情報を明示して透明性を確保すること、ユーザーからの評価やフィードバックを活用してサイトを改善することなどが挙げられます。

信頼性が高いサイトは、検索エンジンからの評価も高くなり、ユーザーが安心して情報を利用できると認識されるでしょう。

▼関連記事
E-E-A-Tとは?SEOで重要となる指標を理解して高品質コンテンツを目指そう

高品質な外部リンクの獲得

高品質な外部リンクの獲得は、SEO評価において重要な要素です。権威性や信頼性の獲得にも、高品質な外部リンクが大きな役割を果たします。

高品質な外部リンク獲得のポイントには、業界内や関連する専門分野のサイトからリンクを獲得することや、信頼性の高いサイトからリンクをもらうことが挙げられます。また、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作成し、自然にリンクが張られる状況を作り出すことも重要です。

高品質な外部リンクを獲得することで、検索エンジンにおける評価が向上し、サイトへのアクセスが増えることが期待できます。外部リンク獲得に努めることは、Webサイト成功のための重要なステップです。

▼関連記事
被リンク(外部リンク)とは?ツールを使った調べ方とSEOへの影響

ブランドの知名度とWeb上での評判

ブランドの知名度とWeb上での評判は、Googleの検索品質評価ガイドラインの一部として、権威性(Authoritativeness)および信頼性(Trust)に関連します。

Web上での評判は、ユーザーがサイトやコンテンツの信頼性を判断するための手がかりであり、Googleはそれを評価の一部として使用します。

たとえば、知名度を高める方法としては、広告戦略やSNSでの情報発信、イベント開催などがあります。また、顧客サポートの強化、クチコミや評価の促進、ユーザー参加型のキャンペーンを打つことで、評判を向上させることもできるでしょう。悪い評判がある場合は、原因を特定し、具体的な改善策を実行してください。

ブランドの知名度とWeb上での評判を向上させることで、権威性と信頼性が高まり、SEO評価も上昇します。

これまでの評価基準の変遷と予測

過去のSEO評価基準は、キーワード密度やバックリンク数など単純な指標に焦点が当てられていました。しかし、現在ではより質の高いコンテンツやユーザーエクスペリエンスが重視されるようになっています。

AIと機械学習の発展により、検索エンジンはこれまで以上にユーザーニーズに対する正確な答えを出せるようになってきています。

SEO対策はアルゴリズムの進化とともに成長

過去に評価されていた要素だけでは、ユーザーにとって本当に有益なコンテンツかどうかを正確に判断することは難しかったため、SEO対策の焦点は変化していきます。

ユーザーエクスペリエンスやコンテンツの品質が重要視されるようになり、Webサイト運営者はユーザーのニーズに合った情報提供や使いやすいサイト構造への取り組みが求められるようになりました。

E-E-A-Tの概念も導入され、コンテンツの信頼性や専門知識の豊富さが評価基準の一部となっています。

このように、SEO評価基準は検索エンジンのアルゴリズムの進化とともに成長し、より質の高いWebページをユーザーに提供することを目的としています。

今後はユーザー中心の戦略で勝利をつかむSEO対策が重要

今後のSEO評価基準では、ユーザーエクスペリエンスやコンテンツの品質、E-E-A-Tがさらに重要視されると予測されます。

対策として、以下の点に注意してコンテンツを作成することが重要です。

  1. ユーザーエクスペリエンスを向上させる
    Webサイトのデザインや構造を改善し、ユーザーが求める情報に簡単にアクセスできるようにすることが求められます。
  2. 高品質なコンテンツを作成
    オリジナリティのある、ユーザーにとって価値ある情報を提供することが不可欠です。
  3. E-E-A-Tを向上させる
    経験、専門性、権威性、信頼性を高めるために、コンテンツの信憑性を向上させる取り組みを行うことが重要です。分野の専門家や著名な著者が書いたコンテンツを提供し、信頼できる情報源からの引用やリンクを含めることが求められます。
  4. AIと機械学習の進化に対応
    オリジナリティや付加価値が重視されるようになっているため、AIを活用したコンテンツ作成でも、ユーザーにとって価値のある情報を提供することが重要となります。

これらの対策を実践することで、検索エンジンが評価する要素に対応し、SEO評価基準の変化に柔軟に適応することができます。

ユーザーの利便性を第一に考えたWebサイトを作成しよう

この記事では、検索品質評価ガイドラインの要点やSEOの評価基準(コンテンツの質、技術的な要素、ユーザーエクスペリエンス、権威性と信頼性、ソーシャルシグナル)の重要性について解説しました。過去から現在までの変遷を振り返り、今後のSEOを見据えたコンテンツ作りが必要であることもお分かりいただけたのではないでしょうか。

ジオコードは、年以上にわたりSEOサービスを提供している老舗Webマーケティング会社です。これまでに以上のWebサイトでSEO施策を行い、数々のアルゴリズムアップデートを乗り越えてきた実績があります。

SEO対策でお悩みの方は、ぜひジオコードにご相談ください。ユーザーの利便性を第一に考えたWebサイト作りを目指し、確かな技術と実績であなたのビジネスをサポートします。

今こそ、検索エンジンの評価基準を理解し、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供することが求められています。最適なSEO対策で、Webサイトの成功を実現しましょう。