GA4を見る際の基本を紹介!UAの違いや設定方法を解説 SEO担当者向けGA4を見る際の基本を紹介!UAの違いや設定方法を解説

Webマーケティングの進化とともに、SEOの最新動向が注目されています。

企業のWeb担当者やスタートアップ企業の経営層の方々の中には、GA4の特徴や従来のUAとの違いについて詳しく知らない方もいるでしょう。

本記事では、GA4の魅力とその基本的な見方、さらには効果的な導入・活用方法について詳しく解説します。

また、GA4の違いやそのビジネスへの影響、そして具体的な導入手順について紹介していきます。

GA4について理解を深め、SEO戦略を更に強化していきましょう。

GA4とは?旧GA(UA)との違いを解説

GA4とは?旧GA(UA)との違いを解説

GA4の導入が進む中、その特徴や旧GA(UA)との具体的な違いは明確に理解されている方は少ないかもしれません。

ここでは、GA4(Googleアナリティクス4)の基本的な特徴を解説します。

また、UA(ユニバーサルアナリティクス)との違いや、従来のUAとどのように異なるのかを詳しく解説していきます。

GA4(Googleアナリティクス4)とは

GA4(Google Analytics 4)は、Webサイトのトラッキングとデータ分析を目的としたGoogleの新たなツールとして登場しました。

従来のUniversal Analytics(UA)と比べ、GA4は異なる特徴を数多く備えています。

新しいデータモデルの採用により、より高度なデータの収集や分析が実現できるようになりました。

特に、ユーザーの行動に焦点を当てた分析が可能となり、詳細な情報を得ることができます。

さらに、リアルタイムデータの取得や新機能のレポートも導入され、Webサイト運営者やマーケターにとって、より価値ある情報を提供するツールとして進化しています。

UA(ユニバーサルアナリティクス)との違い

以前まで利用されていたユニバーサルアナリティクス(UA)は、セッション単位の参照元を中心に流入経路の判定を行っていました。

一方、Google Analytics 4(GA4)は、ユーザーエンゲージメントを中心に据え、多様な軸での判定が可能です。

具体的には、UAでは「セッション」というデータでユーザーのWebサイト訪問を収集し、その流入経路を「参照元情報」として各セッションに紐付けていました。

しかし、2023年7月1日をもって、標準のユニバーサルアナリティクスプロパティの新しいヒットの処理が停止されたため、GA4への移行が推奨されています。

記事執筆時点では、2023年7月1日を過ぎているため、多くのWebサイト運営者やマーケターは既にGA4を採用していることでしょう。

現在使用中のGoogleアナリティクスを確認する方法

現在使用中のGoogleアナリティクスを確認する方法

Googleアナリティクスで使用しているバージョンを知るための手順はシンプルです。

まずはGoogleアナリティクスにログインし、管理しているWebサイトのデータを閲覧します。

ログイン後は管理画面に移動し、確認したいWebサイトの「プロパティ」を選択してください。

プロパティを選択すると、そのWebサイトのトラッキング情報が表示されるページに遷移します。

このページで注目すべきはトラッキングIDです。もし「UA-」で始まるIDが表示されていたら、それはUniversal Analytics(UA)を使用している証拠です。

逆に、サイト名の横に「GA4」と表示されていたら、それはGoogle Analytics 4(GA4)を利用していることを意味します。

この方法で、現在のWebサイトがどのバージョンのGoogleアナリティクスを使用しているのかを簡単に確認できるでしょう。

SEO担当者向け!GA4の基本的な見方

SEO担当者向け!GA4の基本的な見方

GA4の導入は、SEO担当者にとって必須となりつつあります。

ここでは、GA4のホーム画面の見方から、レポートや探索、そして広告の活用方法まで、GA4の基本的な操作をわかりやすく解説します。

GA4の基本的な見方を身につけることで、Googleアナリティクスを最大限に活用し、効果的なSEO対策を進めていきましょう。

ホーム画面全体の見方

ホーム画面全体の見方

GA4のホーム画面を開くとまず目に入るのは、ユーザーの行動やトレンドを示すダッシュボードです。

このダッシュボードには、サイトのアクティブユーザー数やセッションの情報など、主要な数値がグラフとして表示されます。

特に「リアルタイム」や「ユーザー」のセクションは、サイトのリアルタイムな動向やユーザーの詳細な行動を確認するのに役立つでしょう。

ホーム画面を見ることで、サイトの動向やユーザーの行動を瞬時に把握することができます。

さらに、画面の左側にはナビゲーションメニューが配置されており、こちらからは詳細なレポートや各種設定へのアクセスが可能です。

レポートの使い方

GA4のレポート機能は、ユーザーの行動やサイトの動向を詳細に把握する際にとても有効です。

レポート画面では、ユーザーセクションを見ることで、サイト訪問者のデモグラフィックや利用デバイスの情報が手に入ります。

特に、レポート内にある「リアルタイム」や「ユーザー属性」「テクノロジー」は、UAから使ってきた馴染みがあるデータが確認できます。

探索の使い方

GA4の探索機能は、Webサイトの状況をカスタム分析するための強力なツールです。

探索は、自由形式で作成するか、ファネルデータ探索や経路データ探索などのテンプレートを利用し、レポートの作成ができます。

ドラッグ&ドロップのインターフェースなので、必要なデータを簡単に組み合わせ、視覚的に理解しやすいレポートを作成できるのが特長です。

広告の使い方

GA4の広告機能は、広告の成果を細かくチェックするための便利なツールです。

この機能を使えば、広告の効果や収益性をしっかりと知ることができ、どう改善すれば良いかが見えてきます。

ユーザーがどう反応しているかや、どんな行動をとっているかをすぐに見ることができるため、次の戦略を考えるのに役立つでしょう。

UAからGA4へすぐに移行するべきか

多くのWeb担当者やマーケターが、すぐにUAからGA4に移行すべきか検討をしているのではないでしょう。

まずは結論から言うと、今すぐにGA4へ完全に運用を移行する必要はありません。

急な移行よりも、UAとGA4の両方を併用するのがおすすめです。

GA4は新しいデータモデルや機能を提供します。そのため実績が少なく、GA4の機能を理解して適切に活用するには時間やリソースが必要です。

使い慣れているUAを併用しつつGA4を使用することで、時間やリソースを無駄にすることなくスムーズな移行が期待できるでしょう。

GA4プロパティの設定方法をわかりやすく解説

GA4プロパティの設定方法について、ステップバイステップで詳しく解説します。

まず、GA4プロパティの作成方法から始め、次にGTMを使用してのタグ追加、そしてコンバージョンの設定方法までを順を追ってご紹介します。

これらの手順どおり進めていくことで、GA4の設定がよりスムーズに行えるでしょう。

GA4プロパティを作成

GA4プロパティは、Google Analyticsの新しいバージョンであり、従来のUniversal Analyticsとは異なる機能や設定があります。

GA4プロパティの導入により、より詳細なユーザー分析やイベントトラッキングが可能となりました。

また、GA4では、レポートの形式やデータの取得方法も新しく変わっています。

そのためWebサイトの運営者やマーケターは、ユーザーの行動や傾向をより深く理解することができるようになりました。

GTMからタグを追加

Google Tag Manager(GTM)は、Webサイトにタグを追加するためのツールです。

GTMを使用すると、コードを直接編集しなくても簡単にタグを追加・管理することができ、技術的な知識が少ないマーケティング担当者やアナリストでもタグの設定が可能になります。

そのため、技術的な知識を持っている人が少ない場合は、GTMを利用することでWebサイトの分析や最適化がより効率的に行えるようになるでしょう。

コンバージョンの設定

コンバージョンの設定は、Webサイトやアプリの利用者が行う特定のアクション(例:商品の購入、問い合わせフォームの送信など)を目標として設定されます。

コンバージョンがどれだけ達成されたかを測定するための設定を行うことで、マーケティング活動の効果やWebサイトの改善点を具体的に把握することが可能です。

正確なコンバージョンの設定を行うことで、ビジネスの成果を最大化するための手助けとなるでしょう。

まとめ:GA4プロパティを早めに導入しよう

まとめ:GA4プロパティを早めに導入しよう

本記事では、GA4の特徴やその導入の重要性、そして具体的な活用方法について詳しく解説してきました。

GA4はGoogleの最新のアナリティクスツールとして注目され、従来のUAとは異なるデータモデルを採用しています。

この新しいモデルにより、より高度なデータ収集と分析が実現できるようになりました。

しかし、UAのサポート終了を受け、早期の移行が求められています。GA4を適切に設定して活用することで、SEOの効果を大きく引き上げることが期待できます。

また、GA4の活用とともにSEO対策が必要な方は、ジオコードで対策がおすすめです。

株式会社ジオコードでは、Googleが掲げる10の事実に基づき、ユーザーが望むコンテンツを網羅するためのSEO対策が可能です。

 WebサイトのSEO対策を強化するために、ジオコードを利用してみましょう。