MEO対策の費用相場は?業者選びのポイントも詳しく解説 MEO対策の費用相場は? 業者選びのポイントも詳しく解説

【監修】株式会社ジオコード SEO事業 責任者
栗原 勇一

Google Map上での表示順位の向上を図る上で注目されているのが、MEO対策です。MEO対策は自力で行うことも可能ですが、手間が掛かり他の業務の負担になることから、代行業者へ依頼する人もいます。

この記事では、MEOの概要や依頼する場合に役立つ費用相場、費用を決める要素、MEO業者選びのポイントなどを解説します。MEO対策を外部に依頼したい場合に知っておくべきポイントを一通り網羅できるので、ぜひ参考にしてください。

MEO対策とは?

MEO対策

そもそも、MEO対策とはどのような施策でしょうか。

「MEO」は、Map Engine Optimizationの略語で、直訳すると「マップエンジン最適化」という意味があり、「ローカルSEO」とも呼ばれます。

近年Google検索で、人気ワードと地域名などを併せて店舗を検索すると、検索上位にGoogle Map上の情報が表示されるようになったことで、MEO対策が注目されるようになりました。

MEO対策は、Google Map上での表示順位を上げるために実施する施策全般を指します。Google Map上での表示順位の上位にヒットすれば、それだけ多くのユーザーの目に触れてアクセス数が伸び、より多くの新規顧客開拓が期待できます。

MEO対策はSEO対策より低コスト・短期間・高集客力

MEO対策とSEO対策、どちらも響きは似ていますが、内容には大きな違いがあります。

SEOは、Serch Engine Optimizaion、直訳して「検索エンジン最適化」の略語です。検索結果に、自社のWebサイトや自店舗のWebサイト、あるいはブログなどのコンテンツが上位表示されることを目的とした施策全般を指します。

SEOではコンテンツの質を高めたり、検索キーワードの組み合わせを工夫するなどの方法で、Webサービス全体での上位表示を狙います。いったん上位表示されれば目立ったアクセス数増加が期待できるものの、効果が現れるまでは数カ月から半年と、一定期間の試行錯誤が必要です。

一方のMEO対策は、あくまで限定されたエリア内でGoogle Map上での検索結果上位に表示されることを目的とした施策です。主にGoogleマイビジネスで店舗情報を充実させるなどの方法で表示順位の向上を図ります。

Googleマイビジネスそのものの登録・運用は無料で、早ければ約1カ月程度で大きな集客効果が現れるのは大きなメリットです。

MEO対策を業者に依頼したときの費用相場

MEO対策の費用相場

MEO対策は自力でも可能ですが、やはり運用にはそれなりの手間と時間が掛かるため、外部業者に依頼して店舗経営のより重要な業務にリソースを集中させるのも一つの方法です。

MEO対策を外注する場合に気になるのが料金ですが、ある程度の相場感を把握しておけば、業者選びの参考になるでしょう。MEO対策の料金に影響する要素はさまざまで、契約形態にも複数のタイプがあります。
以下では、初期費用、成果報酬、固定月額の別に、それぞれの相場感を詳しく解説します。

初期費用の相場

初期費用の相場は、おおよそ1万円から5万円です。

初期費用には、MEO対策の実施に必要なGoogleビジネスプロフィールのアカウント取得やプロフィール情報の登録・設定、店舗の写真撮影などに掛かる費用が含まれます。

SEOやリスティング広告運用を手がける業者と異なり、MEO対策に必要なGoogleビジネスのアカウント設定には、それほど手間が掛かりません。そのため、初期費用を無料としている業者も見受けられます。

成果報酬型の費用相場

成果報酬型とは、MEO対策の契約プランの一種です。Google Mapの検索結果において、あらかじめ定めておいたキーワードで一定の順位に達する際に料金が発生します。依頼者にとっては、初めての依頼で狙う成果が得られなかった場合の無駄な出費を抑えられるのがメリットです。

ただし、もともとエリア内に競合が少なかったり、珍しい業種であるなどの理由で、あっという間に目標順位を達成してしまった場合、固定報酬型よりも高い料金が発生する可能性もあります。

費用には、キーワードの選定や、説明テキストの改善、画像の追加・変更などの要素が含まれます。費用の相場は、日額で1,000円から5,000円程度です。

例えば、1日2,000円に設定されていた場合、1カ月以内に15日間にわたり、検索順位3位以内にランクインしたとすると、月額で3万円の支払いが発生します。

固定月額型の費用相場

固定報酬型とは、その名のとおり、毎月あらかじめ定められた料金を支払う仕組みです。検索上位に表示されたか、また何日間にわたり上位表示されたかに関わらず、毎月同額の料金が発生します。

そのため、長期間にわたり上位表示された場合は、成果報酬型よりも出費を抑えられる可能性がある一方、成果が芳しくなくても高い金額を支払わなければいけないリスクがあることも意識しておきましょう。

一般的な費用相場は月額で3万円から5万円ですが、キーワード数が多い場合はそれ以上になる可能性もあります。

MEO対策の費用を決める要素

各MEO業者が提供するサービス内容はそれぞれ異なるため、初期費用が掛からないケースもあれば、逆に初期費用に加えて追加料金が発生する場合もあります。

MEO対策の費用を決める要素にはどういったものがあるのかを細かく見ていきましょう。

初期費用

前述のとおり、初期費用にはMEO対策に必要なGoogleビジネスプロフィールアカウントの取得や店舗情報の登録、素材となる画像の準備などが含まれます。

MEO対策の場合、Web広告運用やSEO対策といった他のマーケティング施策と比較しても、事前準備にそれほど手間は掛かりません。対策を外注する前に、まずは試しに自分でGoogleビジネスプロフィールアカウントを取得して、MEO対策を始めてみるのもおすすめです。

MEO対策の内容

MEO対策の内容は幅広く、初心者の手で簡単にできることから、逆に専門家としての知識・ノウハウが問われるものまで多種多様です。

具体的なMEO対策として、Googleビジネスプロフィールの編集や情報の更新、商品やサービスの宣伝投稿、写真やイラスト画像の変更、顧客が投稿した口コミへの返信、キーワードの見直し、外部のポータルサイトやSNSでのサイテーションなどが挙げられます。

以上はあくまで一部の例にすぎません。写真の投稿は枚数が決まっているのか無制限なのか、Googleストリートビューの設定はしてくれるのかなど、どこまでのサービスを提供してくれるかで料金は大きく変わります。

業者と契約する前に、提供してくれるMEO対策の内容が支払う料金に見合っているかをしっかり確認しましょう。

対策キーワード数

MEO対策では、平均4から6個のキーワードで対策を講じます。成果報酬型では対策キーワード数によって料金が変わる可能性があり、扱うキーワードの数が多いほど、費用は高額になりがちです。

対策キーワードはMEOの成果に大きく影響します。設定するキーワードの内容や数によって、上位表示されるか、どの程度の流入・予約数・来店数が見込まれるかも変わります。

業者との契約前に、扱う対策キーワードの数はどの程度か、また実際の対策でどういったキーワードを想定しているのかなどを確認すると良いでしょう。

契約期間

一般的にMEO業者の契約期間は、6カ月または12カ月で設定されています。

6カ月の方が契約期間が短い分料金が割高な可能性もあれば、12カ月での契約とそう変わらない場合もあります。そのため、検討している業者ごとに、6カ月の場合と12カ月の場合の両方で、料金の最安金額と最高金額を算出してみるのがおすすめです。

まずは試しに6カ月契約で始めてみるケースもありますが、より長いスパンでの成果獲得を見越して、12カ月契約でスタートするケースが多く見受けられます。

順位計測システム

MEO対策では、毎日の表示順位を計測してどの程度順位が上がったかを把握し、対策の効果を分析していく必要があるため、順位計測システムの活用は必要不可欠です。

他社が開発した順位計測システムを導入・運用しているケースもあれば、自社で独自開発したシステムを使用している業者もあります。独自システムを使用している場合は、開発で提供されるデータの種類が増えるに従って追加料金が発生する可能性もあります。

順位計測システムを通じてどのような種類のデータを取得し、それらを基にどのような対策を施してくれるのか、提供されるデータの種類が料金にどう影響するかも、契約前に確認すべきポイントです。

追加料金

MEO業者の多くは追加料金を設定しています。パターンや金額はそれぞれ異なるため、どのようなサービスで、どのような場合に追加料金が掛かるのかを事前にリサーチして把握しておきましょう。特に契約前の見積もりの金額に、どのようなサービス内容が含まれるかをよく確認することが大切です。

追加料金が発生するサービス対応としては、順位計測システムの追加機能の活用、外部のポータルサイトやSNSでのサイテーション、SNSの運用代行、Googleビジネスプロフィールと連携した店舗ホームページやランディングページ制作、ストリートビューの撮影と設定、毎月の契約で指定されている枚数を超える写真の撮影・追加などが挙げられます。

MEO対策の業者を選ぶポイントは?

MEO対策の業者

MEO対策を専門とする業者は多く、それぞれサービス内容やサポート内容、料金の仕組みなど特徴が異なります。それだけに、どの業者が自店舗に適しているかを判別するのは至難の業です。

そこで、MEO対策の業者を選ぶ際に注目すべきポイントを8つ解説します。

実績が豊富か

MEO対策の業者選定で第一に考慮すべきポイントは、実績が豊富かどうかです。
開業してからの年数に関わらず、実績が多ければ多いほど、多くの店舗から依頼を受けており、MEOに関して豊富な知識やノウハウを蓄積していると判断できます。

多くの業者はこれまでの実績を自社のWebサイトで公開しています。過去の実績の件数などを確認し、どの程度のノウハウや経験があるかを割り出しましょう。
具体的なMEO対策の内容や、対策を実施後にどのような効果が得られらかなどを把握できるので、自社が依頼した場合に受けられるサービス・サポート内容を知る上で参考になります。開業してから日が浅くノウハウが不足している業者を見分ける上でも有効です。

得意な分野

そのMEO対策業者が得意な分野を把握するのも重要なポイントです。
一言で店舗といっても、美容室や理容室、ネイルサロンなどの美容系、クリニックなどの医療系、飲食系、雑貨屋や食品店などの小売店などと、扱う商品やサービスは多種多様です。同じ飲食系でも、大衆居酒屋やイタリアン、ラーメン屋、たこ焼き屋、カフェなど、扱う食のジャンルや店舗の規模もさまざまに異なります。

MEO業者がこれまで手掛けてきた実績の中で、自分の店舗と同業で多くの実績を有しているなら、その業種で豊富な知識やノウハウを蓄積していると判断できます。自店舗が属する業界や業種、ビジネスに対する理解が深いほど、より根本的・具体的な提案が期待できます。

自店舗の業種を得意分野としているかどうかは、業者のホームページで公開されている事例を調べたり、業者に直に問い合わせたりして判断するのがおすすめです。

信頼性・透明性があるか

業者に信頼性や透明性があるのかも、チェックしておくべき重要なポイントです。
法外な料金を要求された、効果が得られなかったなどのネガティブな口コミが散見される業者の場合は、依頼を控えたほうが無難です。

信頼性・透明性があるかどうかを判断するための目安として、報告や連絡、相談がきちんとしている業者かどうかを確認しましょう。ただ施策を実施するだけでなく、効果検証や分析、レポートの提出までもサービス内容に含まれるかは必須のチェック事項です。

また、レポートではどういった指標を扱うかも確認しましょう。検索上位での表示回数や、自店舗ホームページへのアクセス数、対策キーワード、口コミの数や評価など、自らが注目する指標がきちんと含まれているかなどの確認が必要です。

効果測定の方法がハッキリしているか

手掛けたMEO対策の効果測定をどのような方法で行うかをはっきり打ち出せるかも、良質な業者を見定める上で重要なポイントです。

効果測定にはローカル検索結果が用いられますが、IPアドレス(位置情報)による影響を受けます。中には、効果測定の位置情報をうやむやにして良い結果が出るよう調整する業者もいます。

どういった位置情報で効果測定を実施するのか、はっきり明示してくれる業者は信頼できるでしょう。

高額な料金を支払ってMEO対策を依頼するからには、契約の提案時や、契約してからの段階でも、実際の契約測定の基地情報に不審な部分や不満点がある場合は、その旨を業者に伝えて改善へとつなげるのも大切なポイントです。

キーワードの選定方法は適切か

キーワードの選定もMEO対策の成功を左右する要素です。ユーザーが検索にどのキーワードを使用するかを見極めて設定できるかどうかで、表示順位も大きく変わります。
キーワードの種類や数など、選定次第では「上位表示されない」「集客できない」など、思うような効果が得られない場合もあるため慎重な検討が必要です。

契約前に業者が対策キーワードに対する知識をどの程度持っているのか、実際の対策キーワード選定ではどういった方法を用いるのかのか、どういった対策キーワードを想定しているのか、きちんと説明を受けながら判断しましょう。

施策の内容

MEO対策でどのような施策を実施するのか、提案の中身によって判断するのも一つの手です。

MEO対策は、Googleビジネスプロフィールの編集やキーワード選定といった基本的な部分だけでなく、投稿や口コミへの返信の代行、受け皿となるホームページやランディングページの拡充・制作、外部サイトでのサイテーションなど、幅広い施策があります。

業者によって手掛ける施策の内容は異なり、対応してくれる場合や、むしろオーナーに委ねる部分も出てきます。どのような施策が得意か、どこまで対応してくれるかは、Webサイトに記載されている情報を確認したり、直に問い合わせたりして確認するのが大切です。

また、費用の安さだけを選定基準にするのは危険です。掛けた費用に見合った対策をしてくれるのか、狙った効果が得られるかを確認して、高い費用対効果が得られる業者を選定しましょう。

Googleのガイドラインに準拠しているか

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールを中核としたマーケティング施策のため、Google側が設定したガイドラインに則って実施する必要があります。ガイドラインに違反した場合、狙ったような効果が得られないばかりか、アカウントそのものが停止される可能性があります。

Googleのガイドラインでは、「実際のビジネスで一貫して使用し、認知されているブランド名の使用」「店舗情報やサービス提供地域の詳細かつ正確な記載」「ビジネスにつき一つのみのビジネスプロフィールを作成する」「投稿コンテンツには不正利用のリスクを避けるために電話番号を含めない」など、細かいルールが設定されています。

従って、Googleビジネスプロフィールのガイドラインに精通した業者に任せれば、違反でペナルティを受けるリスクを軽減できます。

まずは自分でもガイドラインに目を通して基本的な理解を固めた上で、業者がきちんとガイドラインの内容を把握しているかどうか説明を求めることで、相手方の知識・理解度をチェックするのも一つの手です。

まずは自分で挑戦してみるのも良い

MEO対策の基本的な部分、例えばGoogleビジネスプロフィールの登録などは無料でできるため、特に専門知識がなくても自分で対応可能です。

Googleマップに店舗を登録する方法は?集客アップを狙うポイントも解説
記事Googleマップに店舗を登録する方法は?集客アップを狙うポイントも解説

もちろん、本格的に力を入れるとなると、ノウハウがない状態では時間も手間も掛かりますが、まずは自分で調べながら、対策キーワードの設定など、自力でできるところまでチャレンジしてみるのがおすすめです。実際に手を動かすことで理解が深まり、基本的な知識が身に付きます。

自分でMEO対策を実施した上で、「これ以上どうやってもわからない」という不明点や課題点が出てきたら、業者に相談し、外注するかどうかを判断するのが良いでしょう。

MEO対策ならジオコードにお任せ

Google Map上の表示順位を高めたいなら、豊富な実績と専門知識を備えた専門家に依頼するのが確実です。

SEOやコンテンツマーケティング、デザイン・UI・UX改善などWebマーケティングの幅広いジャンルを網羅するジオコードなら、MEO対策の分野でも豊富なノウハウを活用して、Googleの理念に則った本質的な施策をご提案できます。

Googleビジネスプロフィールの作成代行はもちろん、マップ上位表示を狙うための情報の最適化、1契約につき4つまでの対策キーワードのご提案、検索順位の変動に基づいた毎月のレポートを提出します。必要に応じて、SEOコンサルティングなど他ジャンルでのコンサルティングもご提案可能です。

無料調査・ご相談をお待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。

MEO対策の費用相場を知り安心して任せられる業者を選ぼう

MEO対策を専門業者に依頼する場合、初期費用としてだいたい1万円から5万円程度、サービス料金として成果報酬型では日額1,000円から5,000円程度、固定報酬型では月額3万円から5万円程度掛かります。
業者によって実績やノウハウ、提供するサービス内容、得意とする業界や業種も異なります。自店舗のビジネスに対する深い理解があり、自店舗にマッチしたMEO施策を実施してくれる業者であれば、高い費用対効果が期待できるので、業者の選定は慎重に行いましょう。