ChatGPTを活用してSEO効果を向上させる方法とは?注意点もあわせて解説

ChatGPTを使ってコンテンツを作成する人が増えています。しかし、ChatGPTでできることや使い方が分からず、困っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ChatGPTでできること・できないことに触れつつ、コンテンツ作成で活用する方法や注意点を解説します。ChatGPTをうまく使うと、SEO対策が簡単にできるようになります。ぜひ、参考にしてください。

ChatGPTとは?

ChatGPT(Generative Pretrained Transformer)は、人工知能の研究開発機関によって開発されたAIです。ChatGPTは、AIの自然言語処理能力を活用しています。ChatGPTにテキストで問いかけると、まるで人同士が会話しているかのように滑らかにやりとりできます。

ChatGPTができること

ChatGPTは、システムに蓄積された多種多様な情報を基に、テキスト形式でユーザーの質問に回答します。大量のデータを素早く処理できるところは、ChatGPTの強みです。以下に、ChatGPTができることの一例を示しました。

  • 挨拶や日常会話
  • 入社式での挨拶のような、例文の作成
  • ユーザーの要求に基づく、オリジナルの文章コンテンツの作成
  • 簡単な調べもの
  • 翻訳
  • 情報の要約
  • 表やグラフ、関数などの作成

ChatGPTができないこと

ChatGPTができないことは、最新情報やリアルタイムな情報の提供と、未来予測です。以下に、ChatGPTにできないことの一例を示しました。

  • ニュースの提供
  • 自然災害が発生するリスクの予測
  • 株価推移の予測
  • 消費トレンドの予測

ChatGPTは、あらかじめシステムに蓄積された情報を使って回答を導き出しています。最新の統計情報に関するものなど、鮮度を重視した回答を求めている場合は、自分でデータソースにアクセスする必要があります。

ChatGPTをSEO対策に活用する

ChatGPTをSEO対策に活用する方法を、プロンプト(質問文)を交えて紹介します。基本的なSEO対策なら、ChatGPTをうまく使うと効率化できます。検索意図の深掘りや構成作成などにChatGPTを役立てましょう。

検索意図を深堀りする

ユーザーの検索意図を深掘りするには、以下のような質問文をChatGPTに入力しましょう。

「あなたはSEO対策の担当者です。「○○○○」というキーワードから考えられるユーザーには、どのような検索意図がありそうですか?」

得られた検索意図を、それぞれ5W1Hで解説するように指示を出すことも可能です。詳細な検索意図が分かれば、作るべきコンテンツが明確になります。検索意図を深掘りしないままコンテンツを作成すると、離脱率が高まったり、CV率が低下したりする恐れがあるので注意しましょう。

記事の構成作成

ChatGPTは、記事構成も作成できます。構成を作ってもらうには、以下のような質問文をChatGPTに入力しましょう。

「あなたはSEO対策の担当者です。「○○○○」というキーワードで「○○○○」をターゲットにした記事の構成を作ってもらえますか?」

ターゲットやキーワードに関する前提条件、必ず盛り込んでほしい要素をChatGPTに伝えておくと、ユーザーニーズを満たす構成を得られます。

タイトルや見出しのアイディア出し

記事のタイトルや見出しのアイディア出しを任せる際は、以下のような質問文をChatGPTに入力しましょう。

「あなたはSEO対策の担当者です。「○○○○」というキーワードで記事を作ります。記事のタイトル(または見出し)の候補をいくつか提案してもらえませんか?」

「ビジネス風に」「フランクに」など、テイストの方向性を指示した上でのタイトル・見出しの作成も可能です。必ず含んでほしい単語があれば、前もって指示を出しておきましょう。

文章の校正と添削

人の手で作った文章の校正・添削を任せたいときは、以下のような質問文をChatGPTに入力しましょう。

「次に入力する文章を校正して、読みやすく整理してください。修正した理由も説明してください。」

漢字の閉じ・ひらきなどの表記ルールがあれば、事前にChatGPTに提示しておきます。「文章を簡潔に、短めに」「体言止めは使わない」など指示を細かく添えるほど、求める文章に近づくので試してみてください。

提示された修正理由を次の執筆に反映すると、文章がレベルアップするでしょう。

メタディスクリプションの作成

メタディスクリプションの作成では、以下のようにChatGPTに指示します。

「あなたはSEO対策の担当者です。以下の文章を○○文字以内で要約してください。「○○○○」というキーワードは、必ず含めてください。」

メタディスクリプションはサイトの内容を要約したもので、検索結果に表示されます。ユーザーの心をつかみ、サイトの内容を的確に表現したメタディスクリプションを作成すると、サイトのクリック率が高まります。

ChatGPTからほしい答えをもらう方法

ChatGPTを活用するためには、プロンプト(質問文)に工夫が必要です。複雑なプロンプトや意図を読み取りにくい内容では、ChatGPTが適切な回答を導き出せません。シンプルで明確なプロンプトを作り、求めている答えをChatGPTから引き出しましょう。

プロンプト(質問文)をシンプルにする

余計な表現を省き、シンプルなプロンプトで問いかけてください。専門用語や業界用語を一般的な用語に変換して、必要に応じて箇条書きを使うと、ChatGPTが質問の意図をくみ取りやすくなります。

正確な回答を得るために複数の情報を入力したい場合でも、長文を使わず、短い文章を組み合わせて伝えましょう。

指示を明確に出す

ChatGPTには、指示を明確に出しましょう。抽象的な表現では、ChatGPTが適切な回答を導き出せません。ChatGPTには大量の情報が蓄積されているため、使用する情報を絞り込む指示が必要です。

ターゲットはどのような人物か、何分で読めるボリュームにまとめてほしいかなど、条件を指定するほど希望に合った回答を得られます。

ChatGPTを使用する際の注意点

便利なChatGPTですが、コンテンツ作成に活用する際はファクトチェックが必要です。また、ChatGPTの仕組み上、情報の鮮度やセキュリティリスクにも注意しましょう。

ファクトチェックを必ず行なう

ChatGPTは自然な言い回しでもっともらしい内容を回答します。しかし、回答には間違った情報が含まれている場合があります。

ChatGPTには、情報の真偽を調べる機能は搭載されていません。ChatGPTから得られた回答は、人の手で必ずファクトチェックしてからコンテンツに使用しましょう。

情報が最新ではないことを理解する

先述のとおり、ChatGPTはあらかじめ蓄積された情報を基に回答を作成します。常にインターネットに接続されている訳ではないため、直近の情報については、自分でデータソースを確認してください。

なお、Googleの拡張機能である「WebChatGPT」や、OpenAI社が開発した「ChatGPTplugins」を使うと、直近の情報にも回答してもらえるようになります。

セキュリティリスクがある

ChatGPTを介して、個人情報や機密情報が漏れる可能性があります。セキュリティリスクを抑えるには、セキュリティ対策を組み込んだChatGPTの使用マニュアル・ガイドラインを作成しましょう。「機密情報の入力禁止」のように、明確にChatGPTの使用方法をルール化しておくと、情報流出を防げます。

ChatGPTを活用してSEO対策を簡単にしよう

ChatGPTを活用すると、専門知識がない人でも基本的なSEO対策ができます。短時間で効率よく良質なコンテンツを作るために、ChatGPTを活用しましょう。なお、ChatGPTを使うときは、ファクトチェックを重視し、情報の鮮度にも注意してください。

ChatGPTの使い方に不安がある、本格的なSEO対策をしたいという場合は、ぜひジオコードにご依頼ください。