SEOスコアの評価基準とは? SEOスコアの評価基準とは?チェック方法やSEOに効果的な対策を解説

SEOスコアは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)の質を数値化したものです。このスコアが高いほど、サイトは検索結果ページ(SERP)で上位に表示されやすくなります。

本記事では、SEOスコアの評価基準について、SEOスコアが向上するとどのような効果があるのか、具体的な対策方法やSEOスコアをチェックするためのツールを2つ紹介します。

▼SEO会社でお悩みの方必見!東京エリアのSEO会社比較表はこちら

【東京エリア】SEO会社のサービス比較表
ダウンロード【東京エリア】SEO会社のサービス比較表

SEOスコアとは?

SEOスコアが高いと、検索結果の上位に表示される可能性も高くなります。

SEOスコアは、サイト全体(ドメイン全体)の力や個々の記事(記事単体)の質など、さまざまな基準を加味して決まるものです。

ここでは、SEOスコアの定義や評価基準などについて見ていきましょう。

SEOスコアの定義とその評価基準

SEOスコアとは、検索エンジンがWebサイトを順位付けするための一つの指標です。このスコアは、サイトが検索エンジンのランキングにどの程度効果的であるかを知るための基準になります。

具体的には、Webサイトの各要素がどの程度検索エンジンにとって魅力的であるかを示す指標で、通常は0から100までの範囲で評価されます。スコアが高いほど、検索エンジンからの評価が高いということです。

SEOスコアを上げるためには、SEO対策が不可欠です。SEOスコアの上昇に効果的なSEO対策の方法を知る近道は、検索結果の上位サイトをリサーチし、何がそのサイトを成功に導いているのかを理解することでしょう。その知識を自社のサイトに活用すると、検索ユーザーが求めているコンテンツを提供することができるはずです。結果的にSEOスコアが上がり、検索結果での表示順位を向上させることが可能となります。

ただし、一定のSEOスコアを達成したからといって、すべての検索エンジンで高い順位を獲得することが保証されるわけではありません。それぞれの検索エンジンは独自のアルゴリズムを用いてWebサイトを評価しランキングを決定するということは、意識しておく必要があるでしょう。

ドメイン全体と記事単体のSEOスコア

SEOスコアは、ドメイン全体(Webサイト全体)のスコアと、ページ単体のスコアの二つの側面から見ることができます。どちらも重要であり、双方のスコアが良好なWebサイトほど検索エンジンから高い評価を得ることができる傾向です。

ドメイン全体のSEOスコアは、ドメインの強さ、質の良い被リンクの数、ドメインがGoogleなどの検索エンジンに認識されてから経過した年数であるドメインエイジなどが主な評価ポイントです。

ドメインの強さは、ドメインにどれだけの信頼が寄せられているか、ドメインがどれだけの権威を持っているかを示します。被リンクの数は他の信頼性の高いWebサイトからのリンクの数を意味し、ドメインの年齢は新規性に対する信頼性を示します。

これらのポイントが高ければ高いほど、ドメイン全体としてのSEOスコアは高くなります。

記事単体のSEOスコアは、記事の品質、内部リンクの配置、外部リンク獲得などが評価基準となります。記事のアクセス数や滞在時間、ユーザーからの評価も重要なポイントとなるでしょう。

記事がユーザーにとって信頼性が高いものであればあるほど、記事単体のSEOスコアは上昇します。

これらの評価基準を理解し、ドメイン全体と記事単体の質を整えた上で、SEOスコアを高めることが大切です。

SEOスコアが向上するとどのような効果があるのか

SEOスコアの向上は、検索エンジンでの表示順位と訪問者数、さらにはコンバージョン率の上昇という重要な効果をもたらします。

検索エンジンからの評価が高いWebサイトは、一般的に検索結果の上位に表示される可能性が高まります。検索結果の表示順が上位であるほど、サイトへの訪問者数も増加するでしょう。SEOスコアが高いということは、多くのユーザーがWebサイトを訪れる可能性が高まるということなのです。

実践!SEOスコアを効果的に向上させる3つの方法

SEOスコアを効果的に向上させる方法があります。ここでは、コンテンツの質を高めること、内部SEO対策、外部SEO対策の3つの方法について見ていきましょう。

コンテンツの質を高める方法

コンテンツの質を高めるためには、ユーザーにとって有益な情報を提供し、それを読みやすい構成で伝えることが大切です。ここでは、その方法を見ていきましょう。

ユーザーの課題を解決するテーマを選ぶ
ユーザーのニーズに応えるために、記事のテーマはユーザーが解決したい問題や得たい知識に関連するものを選びましょう。例えば、営業戦略ブログなら、「顧客のニーズを把握するための効果的なマーケットリサーチ手法」といったテーマが考えられます。

読みやすい構成にする
情報を明確かつ直感的に伝えるための構成も大切です。具体的には、分かりやすい見出し、段落を作ることや、リストなどを使用して要点をつかみやすくすることなどが挙げられます。

視覚的な要素を入れる
視覚的な要素も重要です。コンテンツの内容に関連する画像やインフォグラフィックスを用いれば、ユーザーの理解度を高めることに役立ちます。

読みやすいデザインにする
デザインの面も工夫をしましょう。ユーザーが迷わずに記事を読み進められるよう、フォントの大きさや色、行間などを適切に調整することが大切です。これらの要素は読みやすさに直接影響を与え、ユーザーがページを離れるかどうかを決定する重要な要素となります。

コンテンツを定期的に更新する
コンテンツの定期的な更新も重要です。情報が古くなったり、リンク切れが生じるとSEOスコアは下がります。このような事態を避けるために、定期的にコンテンツを見直し、最新の情報に更新して、ユーザーに最高の価値を提供し続けましょう。

これらの方法により、SEOスコアを高めるだけでなく、ユーザーからの信頼を得やすくなります。

内部SEO対策を実施する方法

内部SEO対策とは、Webサイト内部を最適化して、検索エンジンに高く評価されることを目指す取り組みです。これは以下の主要な要素から成り立っています。

適切なキーワード選定と配置
サイトのテーマやコンテンツに関連するキーワードを選び、それらを自然な形でコンテンツ内に散りばめることで、検索エンジンがそのページの主題を理解しやすくなります。例えば、SEO対策の重要性に関する記事を書くなら、「モバイルフレンドリーなデザイン」、「ユーザビリティの向上」、「Webデザインの重要性」などのキーワードを意識して配置しましょう。

内部リンクの最適化
重要なページへのリンクを増やし、アンカーテキストにキーワードを使用して、リンクを適切な位置に配置します。これにより、サイト内のページ間の関連性が強調されるため、検索エンジンがサイトの構造を理解しやすくなります。また、リンク切れがないか定期的にチェックし、見つけ次第修正することも大切です。

サイトの速度最適化
圧縮や適切なフォーマットの選択による画像やJavaScriptの最適化、サーバーサイドキャッシュの利用、世界中に配置された複数のサーバーでコンテンツをキャッシュし、ユーザーに近い場所からコンテンツを提供するCDN(Content Delivery Network)の活用などにより、ページの読み込み速度を上げることができます。

サイト構造の最適化
適切なURL構造の作成、サイトマップの作成と送信、パンくずリストの使用、内部リンクの最適化などがこれに該当します。例えば、適切なURL構造の作成ならば、わかりやすく短いキーワードを含むURLを、単純な階層構造で設計します。また、サイトマップの作成と送信については、サイト全体の構造を表すXMLファイルを作成して、検索エンジンにサイト構造を認識してもらいます。

モバイルフレンドリー
レスポンシブデザインを採用し、モバイル表示の速度改善を行うことで、モバイルフレンドリーを意識したサイトづくりが可能です。どのデバイスからアクセスしてもユーザーが快適に閲覧できるサイトを目指しましょう。

このような内部SEO対策を行うことで、SEOスコアの向上が期待できます。ただし、これらの対策は一度行ったら終わりではなく、継続的な改善と更新を行い、常に最新の状態を保つことが重要です。

これらの5つの対策は、検索エンジンからの評価を上げるとともに、訪問者にとって価値あるサイトを提供することにつながります。

外部SEO対策で被リンクを獲得する方法

SEOスコアを上げるためには、他の信頼できるWebサイトからの被リンクが欠かせません。ここでは、その効果的な取得方法を3つ紹介します。

質の高いコンテンツを作成する
質の高いコンテンツを作成することが大切です。他サイトから、自社のコンテンツを価値あるものと評価され、リンクされるためには、自社のサイトが提供する情報が有益でなければなりません。

SNSなどで積極的に情報を発信する
SNSやブログでの露出を増やしましょう。こうしたメディアで積極的に情報を共有し、注目を集めることで自然とリンク獲得のチャンスが広がります。

相互リンクを活用する
パートナーシップやゲスト投稿を活用することも有効です。他のWebサイトとの協力関係を築き相互リンクをすることで、お互いの読者を共有するとともに、リンクの獲得につながります。

これらの戦略は時間と労力を要しますが、SEOスコア向上のためには欠かせない活動です。

おすすめSEOスコアチェックツール2選

SEOスコアの分析に役立つチェックツールは数多くありますが、特におすすめなのが「MOZ」と「PageSpeedInsight」の2つです。

「MOZ」はドメインのSEOスコアを評価でき、「PageSpeedInsight」はWebサイトの表示速度からSEOスコアを算出します。

「MOZ」:ドメインのSEOスコアを点数化するチェックツール

「MOZ」は、SEOのパフォーマンスを評価するためのツールで、ドメインのSEOスコアを独自のアルゴリズムを使用して算出します。MOZを使用すると、主に被リンク元のURLやドメインの数、アンカーテキストなどの詳細情報を取得することができます。

MOZのツールである「Mozber」で利用できるスパムスコア機能を使用すると、スパムの可能性が高いリンクを特定することができ、これらのリンクがSEOパフォーマンスにネガティブな影響を及ぼすのを防ぐことができます。

「Link Explorer」を使用したドメインパワーツールでは、自サイトや競合サイトのドメインパワーを調査し、比較することが可能です。ドメインパワーは、サイトのリンクプロファイル全体の強さを示すMOZ独自のメトリックで、Webサイトが検索エンジンでどの程度パフォーマンスを発揮できるかを評価します。

MOZはさまざまな角度からSEOのパフォーマンスをチェックできるため、SEOスコアの向上を効果的に実施するための手段になるでしょう。

Mozの公式サイト

「PageSpeedInsight」:表示速度からSEOスコアを点数化するチェックツール

ユーザー体験を最適化するためには、Webサイトの表示速度が極めて重要であることを認識する必要があります。サイトの表示速度は訪問者が滞在するか、離脱するかを決定する要素の一つだからです。

「PageSpeedInsight」は、表示速度をSEOスコアとして評価する機能を持っています。ユーザーフレンドリーなインターフェースで、サイトの表示速度を「0~100」で点数化します。点数評価が色分けされるため、視覚的にも分かりやすいでしょう。そのため、自社のWebサイトがユーザー体験を提供する上でどれだけの効果があるか、直感的に理解することが可能です。

また、表示速度に対する問題を特定し、改善するための具体的なガイダンスも提供してくれます。たとえば、画像の最適化、CSSの最小化、JavaScriptの遅延読み込みなど、ページのロード時間を改善するための具体的な手段などです。

このツールを使用すると、簡単なステップで改善ポイントが分かるため、Webサイトの表示速度を向上させるのに便利です。サイトの表示速度を上げることは、SEOスコアを高めることにつながります。「PageSpeedInsight」はユーザー体験を向上させるために必要不可欠なツールと言えるでしょう。

PageSpeed Insights

SEOスコアへの過剰な執着は避けよう

SEOスコアはWebサイトのパフォーマンスを定量的に理解するための便利な指標ではありますが、過剰にこだわるのは要注意です。

なぜなら、SEOスコアだけでサイト全体の価値を正確に捉えることはできないからです。また、SEOに取り組む真の目的はCV獲得からの売上拡大なので、ユーザーに満足してもらうために、ユーザー体験や利便性を優先して考えなければなりません。

SEOスコアだけでは測れないサイトの価値

SEOスコアは一見するとサイトの価値を定量化したように見えますが、実際にはその全てを計ることはできません。SEOスコアが重要なことは確かですが、あくまで検索エンジンに対するサイトの最適度合いを示す一つの指標だからです。

Webサイトの真の価値は、ユーザー満足度の先にある、CVの獲得や売上の拡大にあります。そのため、ユーザーが得られる体験や情報が大切です。例えば、ユーザーエンゲージメントはその一つです。サイトのコンテンツがユーザーにとって魅力的であることを示し、高いエンゲージメントはリピート訪問やシェア、さらには購入につながる可能性を示します。

コンバージョン率も重要な要素です。これは目標とするアクション(購入、ダウンロード、登録など)をユーザーが実行した割合を示し、サイトが目的を達成するために効果を発揮しているかを計る基準となります。

つまり、SEOスコアを追求するだけでは、ユーザーの反応や行動、サイトの商業的成功といった他の重要な側面を見落とす可能性があるということです。Webサイト運営者としては、これらの視点を確認しつつ、バランスよくサイト運営を行うことが求められます。

ユーザーを重視したサイト運営が重要である理由

Webサイトを通して売上拡大を図るために、Webサイト運営者はSEOスコアの向上に取り組むことが重要です。なぜなら、最終的にはユーザーのWebサイトに対する満足度が、売上を左右するからです。

検索エンジンはSEOスコアにおいて、ユーザーエクスペリエンスを重視した評価基準を導入しています。

GoogleのPage Experience Update(2021年導入)はその一例で、ユーザーエクスペリエンスを向上させる要素(画面の安定性、読み込み速度、インタラクティブ性など)をSEOの評価基準に取り入れました。これは、ユーザーがWebサイトで良好な体験を得られることがGoogleにとって重要であることを示しています。

満足度の高いユーザーエクスペリエンスを提供できるコンテンツは、ユーザーからの良好な反響(シェア、リンクなど)を得やすく、これが検索エンジンによる評価向上に繋がります。

SEOスコアを意識しつつユーザーを第一に考えたサイトを作ろう

SEOスコアの最適化とユーザーエクスペリエンスの改善は、Webサイトの成功にとって両立すべき目標です。

コンテンツの質を高め、内部・外部のSEO対策を実施、そしてユーザーを中心に据えたサイト運営は、その実現に向けた重要な手段となります。

また、定期的なSEOスコアのチェックと改善は不可欠です。「MOZ」や「PageSpeedInsight」などのツールも活用しながら、サイトの性能を継続的に改善しましょう。

ジオコードは18年以上の実績を持つ老舗Webマーケティング会社で、4,500以上のWebサイトでSEO施策を行ってきました。数々のアルゴリズムアップデートを乗り越えた確かな技術と経験で、成果へと導きます。我々の成功事例5選をご覧いただき、その成果をご確認ください。

▼関連記事
【業界別】SEOの成功事例5選!具体的施策と成功ポイントを解説

SEO対策に関するお悩みや疑問、それらを解決したいという熱意をジオコードへお持ちください。一緒にユーザーを第一に考え、SEOスコアを向上させるWebサイト作りに取り組みましょう。

SEO対策でお困りの方、そのお悩み、ぜひ一度ジオコードへご相談ください。最適な更新戦略を用いて、貴社のWebサイトを検索上位へ目指すためのSEO効果をグッと引き出すお手伝いをさせていただきます。