CVボタンとは? CVRを向上させるろつの要素と 改善のタイミングを解説 CVボタンとは?CVRを向上させる3つの要素と改善のタイミングを解説

現状よりさらにCVR(コンバージョン率)をアップさせたいと考えている場合は、自身が携わっているWebサイトのCVボタンに注目してみましょう。CVボタンが効果的に働いていない可能性もあります。CVボタンの設置場所や設置数、コピー文、デザインなどを改善してCTR(クリック率)をアップさせると、CVRも向上します。

本記事では、CVボタンを改善してCVRをアップさせる具体例をご紹介します。Webサイトの運営者やWebマーケティングに携わる人は、一度チェックしてみてください。

CVボタンとは?

Webマーケティングでは、ランディングページ(LP)などのWebサイトからユーザーに商品やサービスの購入、問い合わせをしてもらうことがゴールといえます。

CVボタン(コンバージョンボタン)は、サイトが存在する目的といえるユーザーに購入・問い合わせなどのアクションを促すためのボタンです。ユーザーに行動を喚起させるボタンとして、CTAとも呼ばれています。CTAは「Call-To-Action(コールトゥーアクション)」の略で「行動喚起」を意味します。

CVボタンの重要な3つの要素

CVボタンを有効にしてCTR(クリック率)を高めるには、“設置場所と設置数”・“コピー文”・“デザイン”の3つの要素が重要です。それぞれのポイントを押さえておきましょう。

設置場所・設置数

CVボタンをページのどこに置くかがCTRに大きく影響します。集客ページとCVページは別と考え、Webサイト全体のバランスを調整しながらCVボタンを配置してください。CVRを上げたいからとCVボタンを多くすると、広告色が強くなりユーザーが不信感を抱きやすくなるため気をつけましょう。

CTRを意識する場合、ユーザーの行動や心の動きに沿ってCVボタンを設置するのがよいでしょう。おすすめの設置箇所は、ページの中でユーザーが興味を示している熟読エリアです。ユーザーが段階的に検討できるように、ユーザーの心理状態に合わせて段階に分け、それぞれにCVボタンを設置します。熟読エリアは、ヒートマップツールを利用すれば簡単に可視化できるため、比較検討して使いやすいツールを導入しましょう。

コピー文

CVボタンのコピー文には、クリックした後の展開が分かるような具体的な内容を含めましょう。ボタンを押すと、ユーザーのニーズに合ったアクションが起こせると分かる文章にするのがポイントです。ボタンの目的が明確で、ユーザーが安心して押せるようなコピー文がよいでしょう。

具体的な文言には、心理的ハードルの低い言葉を選びましょう。例えば「無料」「試す」「はじめる」「相談」などは、ユーザーが気軽にクリックしやすい言葉です。また、CVボタンのコピー文は、パッと見て理解できる視認性の高い文字数にしましょう。言葉選びを工夫して、端的かつしっかり伝えることが大切です。

デザイン・色

CVボタンはページの内容とユーザーのニーズに合わせたデザインにします。ページ全体の色味にCVボタンの色が溶け込むと、ボタンとして認識されづらくなります。ただし、CVボタンのデザインや色が目立ち過ぎると売り込み感が強くなるため、バランスも大切です。

ページに溶け込まないようにする場合、CVボタンの色は周囲の色と対比する「補色」を選ぶとよいでしょう。補色は視覚的に認識しやすく、クリックされやすくなります。また、年齢や性別によって好みの色が異なるため、ターゲットに合わせた色選びもおすすめです。他にも、かわいいや落ち着き、クール、暖かいなど、色が持つ印象を利用してページのテーマに合わせた色使いを意識しましょう。

形・サイズ

直感的にボタンだと分かるよう、CVボタンの形には工夫が必要です。例えば、影をつけて立体感を出したり、長方形のボタンの角を丸くしたりするとボタンだと認識されやすく、CTRが上がります。

近年では流行りのSNSなどの影響により、CVボタンをアイコンや色のみで認識させるようなフラットデザインも多くなっています。また、中高年層がターゲットであれば、大きな文字を使用したり、古いタイプのデザインにしたりすると効果的です。ただ目立たせるのではなく、時代に合ったテイストやターゲットの好み、使いやすさを意識してください。

CVボタンのサイズは、ページ全体のバランスで決めます。埋もれないように周囲のコンテンツよりもやや大きくするとよいでしょう。ただし、大きすぎてしまうと押し売り感が出てしまい、コンテンツ内容が伝わりにくくなるため注意しましょう。

CVボタンを改善すべきか迷ったら?

CVボタンを改善すべきか迷ったら、現状のCVボタンの効果を検証してみましょう。問題点が確認された時が改善のタイミングです。

CVボタンの周囲を確認すると、CVボタンがページ内に埋もれていたり熟読エリアに置かれていなかったりする場合があります。ユーザーに認識されていなければ、CTRの向上は期待できません。ボタン自体のデザインや色、熟読エリアへの移動、CVボタン前後のコンテンツ内容の見直しなど、ユーザーに認識されるような修正を加えてください。

また、CVボタンの設置箇所が適切でも、ユーザーがボタンにたどりつく前に離脱しているケースもあります。ページの下部にいくほどユーザーが離脱する傾向にあるため、その場合は最後まで飽きさせないコンテンツ作りが重要となります。

ユーザーが押したくなるCVボタンを設置しよう

WebサイトのCVR向上には、CVボタンの見直しが必要です。今回紹介したポイントを押さえてCVボタンのデザインや色、設置箇所、ページ全体のバランスなどを改善し、ユーザーが押したくなるCVボタンを設置しましょう。

改善するのが難しかったり改善してもCVRが上がらなかったりした場合は、SEOサービスやコンテンツマーケティング、UI・UXコンサルティングなどを行うプロに頼りましょう。選ぶなら、18年以上もSEOサービスを提供し続けている老舗のジオコードがおすすめです。Webサイトのターゲットやテイストに合わせたCVボタンの設置を提案してもらえます。まずは資料請求をして、サービスの詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

資料請求はこちら:https://gc-seo.jp/download/seo-service-document/