SEO対策の費用相場ってどれくらい? 見積もり項目とSEO対策会社の選び方 SEO対策の費用相場ってどれくらい? 見積もり項目とSEO対策会社の選び方

Webからの集客を増やすためにSEO対策に取り組むことは今や欠かせません。しかしそのSEO対策にかかる費用の相場や見積もり項目は分かりづらいものです。

SEO対策サービスにはコンサルティング、内部対策や外部対策、コンテンツSEOなどさまざまなタイプがあります。相場を理解するだけでなく、月額固定型プランや成果報酬型プランといった料金体系の種類について、それぞれのメリット・デメリットも知っておきましょう。費用対効果を最大化するためには、SEO対策会社を選ぶポイントを押さえることが大切です。

そこで本記事では、SEO対策を外注した場合にかかる費用相場、料金体系、依頼会社の選び方について解説します。

ぜひ、自社にぴったりなSEO対策サービスを見つける参考にしてください。

▼SEO会社でお悩みの方必見!東京エリアのSEO会社比較表はこちら

【東京エリア】SEO会社のサービス比較表
ダウンロード【東京エリア】SEO会社のサービス比較表

SEO対策費用のタイプ別相場

SEO対策費用のタイプ別相場

SEO対策はWebサイトを検索結果上に上位表示させて、Web経由の集客を増やすために取り組む施策です。ここでは、SEOコンサルティング、内部SEO対策、外部SEO対策、コンテンツSEOの4つについて、費用相場を紹介します。

SEOコンサルティング費用の相場とサービス内容

SEOコンサルティングは、現状分析や戦略立案などSEO対策全般を行ってくれるサービスのことを指します。

SEOコンサルティングの費用相場は、月額10万〜30万円程度が一般的です。ただし、具体的な費用は提供会社やプランによって異なるので、予算やニーズに応じて慎重に検討することが重要です。

SEOコンサルティングには、以下のようなサービスが含まれます。

  • Webサイトの現状分析
    検索エンジンの評価基準に基づいて、Webサイトの強みと弱みを把握します。
  • キーワード戦略の立案
    ターゲットとなるユーザーが検索すると思われるキーワードを分析し、最適なキーワードを選定します。
  • 内部SEO対策の提案
    ページ構造やコンテンツの最適化を行い、検索エンジンに評価されやすいWebサイトに改善します。
  • 外部SEO対策の提案
    被リンク獲得やSNS活用など、Webサイト外部からの評価を高めるための戦略を立てます。
  • 成果測定と改善提案
    定期的に成果を測定し、さらなる改善点を提案します。

このようにサイトの現状分析調査から改善提案までSEO対策を総合的に行うのが、SEOコンサルティングです。

SEOコンサルティングサービスを提供している代表的な会社をいくつか紹介します。

会社名株式会社ジオコード
設立2005年2月
サービス(事業内容)SEO(検索エンジン最適化サービス)
リスティング広告運用代行
Webサイトの企画、製作、コンサルティング
所在地東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 10F
電話番号03-6274-8081
サービス資料DLhttps://www.geo-code.co.jp/seo/download/seo_service/
サイトURLhttps://www.geo-code.co.jp/seo/
会社名株式会社ニュートラルワークス
設立2016年12月
サービス(事業内容)SEO事業(外部対策/内部対策/記事制作/コンサルティング)
Webサイト制作事業
運用型広告支援
デジタルマーケティングコンサルティング
所在地神奈川県茅ヶ崎市浜竹1-11-56
電話番号0467-37-5958
サイトURLhttps://n-works.link/seo-consulting

▼関連記事
【2023年 更新版】東京のSEO対策会社おすすめ13選!費用・サービス内容を比較

内部SEO対策費用の相場とサービス内容

内部SEO対策は、Webサイト内の要素を最適化し、検索エンジンに評価されやすくすることを目的とした対策です。

内部SEO対策の費用相場は、プロジェクト単位で数十万円から数百万円程度ですが、月額制の場合は約10万〜30万円が一般的です。ただし、費用は提供会社や対策範囲によって異なりますので、比較検討が必要です。

内部SEO対策のサービス内容は以下の通りです。

  1. キーワード選定
    ターゲットユーザーが検索するキーワードを調査し、効果的なキーワードを選定します。
  2. サイト構造の最適化
    ページ間のリンク構造を整理し、検索エンジンが容易にインデックスできるサイト構造に改善します。
  3. タグの最適化
    titleタグやmeta description、見出しタグなどを最適化し、検索エンジンに評価されやすくします。
  4. コンテンツの最適化
    記事の質や構成を改善し、ユーザーにとって有益な情報を提供するコンテンツに仕上げます。
  5. 画像や動画の最適化
    画像や動画の圧縮や適切なフォーマット選定を行い、ページの表示速度を向上させます。
  6. モバイルフレンドリー対策
    スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでの利用を最適化し、アクセス環境に応じたユーザー体験を提供します。

これらの内部SEO対策は、検索エンジンがWebサイトを適切に評価し、検索結果上位に表示される可能性を高めます。費用対効果を重視し、ニーズに合ったサービス提供会社を選定することで、効果的な内部SEO対策が実現できるでしょう。

外部SEO対策費用の相場とサービス内容

外部SEO対策は、Webサイト外部からの評価を向上させ、検索エンジンのランキングを上げるための対策です。

外部SEO対策の費用相場は、月額制の場合は約1万〜15万円が一般的です。

外部SEO対策のサービス内容は以下の通りです。

  1. バックリンク獲得
    他のWebサイトからのリンク(バックリンク)を獲得し、検索エンジンに信頼性の高いサイトであることをアピールします。例えば、国の機関など、公的サイトなど、信頼性の高いサイトからのリンクが効果的です。
  2. ソーシャルメディア活用
    SNSやブックマークサイトでのシェアや言及を増やし、Webサイトへのアクセスを促進します。これにより、検索エンジンがWebサイトの価値を高く評価する可能性があります。
  3. コンテンツマーケティング
    有益な情報やエンターテインメント性の高いコンテンツを制作し、他のWebサイトやSNSで共有されることを促進します。自然なバックリンクや言及が増えることが期待できます。
  4. インフルエンサーマーケティング
    業界や分野の専門家やインフルエンサーと連携し、彼らのフォロワーや読者にWebサイトを紹介してもらいます。これによって信頼性の高いバックリンクや言及が獲得できます。
  5. ディレクトリ登録
    Webサイトを業界関連のディレクトリやカタログに登録し、検索エンジンにその存在を認識させます。また、関連性の高いバックリンクも得られます。

これらの外部SEO対策により、Webサイトの検索エンジンにおける評価が向上し、ランキングが上昇することが期待できます。しかし、効果が出るまでには時間がかかることがあり、一度にすべての対策を実施することは難しいため、事業の目的や予算に応じて最適なプランを選択することが重要です。

また、外部SEO対策は検索エンジンのガイドラインに沿って行うことが求められます。不適切な手法を用いると、逆にペナルティを受けることがあるため、SEO対策会社選びの際はその実績や評判をチェックし、適切な対策を行っているか確認しておきましょう。

コンテンツSEO費用の相場とサービス内容

コンテンツSEOは、ユーザーにとって有益な情報を提供し、検索エンジンでの評価を高めることを目的としています。

コンテンツSEOの費用相場は、プロジェクトの規模や対象キーワードの競合度、必要なコンテンツ数などによって大きく異なりますが、月額5万〜30万円程度が一般的です。ただし、業界や競合状況によっては、さらに費用がかかる場合もあります。

コンテンツSEOの具体的なサービス内容としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. キーワードリサーチ
    記事のテーマや検索エンジンでの競合状況を調査し、最適なキーワードを選定します。
  2. コンテンツ作成
    選定したキーワードを含む、ユーザーにとって有益で魅力的なコンテンツを作成します。
  3. コンテンツ最適化
    記事の構成や見出し、画像、内部リンクなどを最適化し、検索エンジンでの評価を高めます。
  4. コンテンツ配信・プロモーション
    作成したコンテンツを効果的に配信し、ターゲット層にアピールする戦略を立案・実施します。

コンテンツSEOは、検索エンジンでの評価向上だけでなく、ユーザーの満足度や信頼性の向上にもつながります。SEO対策を実践していくことで、長期的な効果が期待できるでしょう。ただし、効果が出るまでには時間がかかることがあり、対策の継続性が重要です。

この他にも、透明性のある報告方法を取り入れている企業を選ぶことも重要です。具体的な成果報告や分析データをもとに、対策の改善点や今後の戦略を共有してもらえることで、費用対効果の高いプランを選ぶことが可能になります。

費用対効果を最大化するためには、自社のビジネスニーズに合ったSEO対策会社を選ぶことが重要です。複数の企業から見積もりを取り、それぞれのサービス内容や費用を比較し、検討することで、最適なパートナーを見つけることができるでしょう。

SEO対策の料金体系

SEO対策の料金体系

SEO対策の費用には、主に月額固定型プラン、成果報酬型プラン、ツール型SEO対策プランの3つのパターンがあります。それぞれに特徴やメリット・デメリットがあり、自社のニーズに応じて選択することが重要です。

選択肢を比較検討し、効果的なSEO対策を実施していきましょう。

月額固定型SEO対策のメリット・デメリット

月額固定型SEO対策とは、SEO対策にかかるコンサルティングサービスを月額などの固定料金で支払う方式です。

月額固定型SEO対策のメリットは、契約においてあらかじめ費用が決まっているため、予算の見通しを立てやすくなることです。予算管理がしやすくなるため、他のマーケティング施策への投資も計画的に行えます。

また、SEO対策全体をサービス提供者が行うため、コンテンツなどの継続的なサポートやアップデート対応など、企業側の管理負担が軽減されます。

一方、月額固定型SEO対策のデメリットは、サービス提供者が定めた基準でのみ対策が行われることです。例えば、特定のキーワードや業界に特化した対策が必要になった場合、適切な対応が難しい可能性があります。

また、パッケージ化されたサービスが多いため、企業独自のニーズに応じたカスタマイズが難しい場合があります。自社の独自性や競合優位性を維持するための対策が必要な場合には、月額固定型SEO対策のみでは不十分なケースもあるでしょう。

SEO対策の目的のひとつは、自社のコンテンツを上位に表示させることです。しかし、月額固定型SEO対策では、キーワードが上位表示されない場合にも毎月固定金額の支払いが発生します。効果が出ていなくても料金がかかるため、費用対効果が悪くなる場合があります。

このように、月額固定型SEO対策には、予算管理のしやすさやSEO対策の管理の手間が軽減されるなどのメリットがある一方で、ニーズに応じたカスタマイズが難しいことや、上位表示されない場合でも料金が発生してしまうなどのデメリットもあります。

成果報酬型SEO対策のメリット・デメリット

成果報酬型SEO対策は、その名の通り成果が出た場合にのみ報酬を支払う方式です。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

成果報酬型SEO対策の最大のメリットは、成果が出なければ費用を払わなくていいことです。これにより予算の無駄がなく、リスクを抑えたSEO対策が可能となります。例えば、売り上げの向上を目的としたSEO対策を行った場合、売り上げが上がらなければ費用負担が生じません。

成果報酬型SEO対策のデメリットは、成果が出た場合に月額固定型よりも多くの費用を払う可能性があり、SEO対策の予算が計算しにくいことです。また、成果報酬型だとSEO対策会社が短期的な成果にフォーカスし、長期的な対策がおろそかになることもあります。

企業は自社の状況や目的に応じて、月額固定型SEO対策と成果報酬型SEO対策を適切に選択し、最適なSEO対策を実施することが重要です。成果報酬型SEO対策と月額固定型SEO対策を組み合わせることで、より効果的な結果が得られる可能性もあり、柔軟な対応が求められるでしょう。

▼SEO会社でお悩みの方必見!東京エリアのSEO会社比較表はこちら

【東京エリア】SEO会社のサービス比較表
ダウンロード【東京エリア】SEO会社のサービス比較表

実際のSEO対策事例: 費用と効果を比較

実際のSEO対策事例: 費用と効果を比較

ここでは、月額固定型、成果報酬型、ツール型の各事例を取り上げます。

月額固定型SEO対策事例と費用詳細

月額固定型SEO対策は、あらかじめ定められた費用でSEO対策の一定の成果が得られるサービスです。月額固定型SEO対策のサービス事例と費用相場を詳細と一緒に紹介します。

事例1:地元の飲食店チェーン

課題:地域限定の競合他社に対する検索順位の向上
解決策:内部SEO対策の強化、コンテンツ改善、ローカルSEO対策
SEO効果:検索順位の大幅向上、地域内での集客率アップ
費用:初期費用20万円、月額費用10万円(6カ月契約)

事例2:ECサイト運営企業

課題:売り上げ向上のための検索流入率の改善
解決策:内部SEO対策、外部SEO対策、コンテンツマーケティング
SEO効果:売り上げの20%増加、検索流入率の改善
費用:初期費用なし、月額費用25万円(12カ月契約)

どちらの事例も、プラン内容や費用が明確に示されています。
事例1では、初期費用が発生しましたが、事例2では初期費用がかからず、月額費用だけでSEO対策が行われました。月額固定型SEO対策では、このように初期費用の有無が異なる場合があるため、契約前に費用の詳細を確認しましょう。

成果報酬型SEO対策事例と費用詳細

成果報酬型SEO対策は、効果が実際に現れた場合のみ費用が発生するサービスです。成果報酬型SEO対策のサービス事例と費用相場を詳細と一緒に紹介します。

事例1:中小企業のWebサイト

課題:競合サイトに対する検索順位の向上
解決策:キーワード選定、内部・外部SEO対策、コンテンツ改善
SEO効果:目標キーワードでの検索順位トップ3入り
キーワード難易度:中
キーワード例:「地域名 + 産業名」
費用:初期費用なし、成果報酬5万円/キーワード(順位トップ3に入った場合)

事例2:大手ECサイト

課題:売り上げ向上のための検索流入率の改善
解決策:キーワード選定、内部・外部SEO対策、コンテンツマーケティング
SEO効果:目標キーワードでの検索順位トップ10入り、売り上げの10%増加
キーワード難易度:高
キーワード例:「商品名 + ブランド名」
費用:初期費用10万円、成果報酬3万円/キーワード(順位トップ10に入った場合)

事例1では、初期費用がかからず、成果が出た場合のみ報酬が発生しました。一方で、事例2では初期費用が発生し、さらに成果報酬も支払われました。

成果報酬型SEO対策の費用は、初期費用の有無や成果報酬の設定によって異なるため、契約前に詳細を確認しましょう。

ツール型SEO対策事例と費用詳細

ツール型SEO対策は、専門のSEOツールを活用して検索エンジン最適化を行う方法です。以下に、ツール型SEO対策の事例と費用相場を詳細と一緒に紹介します。

事例1:地域密着型のブログサイト

課題:検索順位の低迷によるアクセス数の減少
解決策:キーワードリサーチ、内部SEO対策、コンテンツ改善
SEO効果:目標キーワードでの検索順位上昇、アクセス数の20%増加
ツール:Ahrefs、Google Search Console
費用:Ahrefsの月額プラン(約15,000円)、Google Search Consoleは無料

事例2:オンラインショップ

課題:売り上げ向上のための検索流入率の改善
解決策:キーワード選定、内部・外部SEO対策、コンテンツマーケティング
SEO効果:目標キーワードでの検索順位トップ10入り、売り上げの15%増加
ツール:SEMRush、Moz、Google Analytics
費用:SEMRushの月額プラン(約30,000円)、Mozの月額プラン(約20,000円)、Google Analyticsは無料

これらの事例からわかるように、ツール型SEO対策にはさまざまなツールを利用できます。それぞれのツールは費用や機能が異なるため、ニーズに合わせて選択しましょう。

また、一部のツールは無料で利用できるものもありますが、有料プランを利用することでさらに高度な機能やデータが利用可能になります。

▼関連記事
【2023年最新】SEOツール28選!プロの視点で機能や料金を比較!

費用対効果を最大化するSEO対策会社の選び方と注意点

費用対効果を最大化するSEO対策会社の選び方と注意点

SEO対策会社を選ぶ際に重要なポイントは、効果的な外注先の見分け方、評判・実績の確認方法、各社のサービスプランの選び方とその注意点です。また、コミュニケーションやサポート体制、透明性のある報告方法も大切な要素となります。以下で詳しく解説していきます。

効果的な外注先の見分け方と評判・実績の確認方法

まず、SEO対策会社の評判を事前にリサーチしましょう。インターネット上の口コミやSNS、専門サイトでの評価を参考にすることが有効です。

また、SEO対策での実績が十分にあるかどうか確認することも重要です。実績を確認する際は、以下のポイントに注意して調査しましょう。

  1. 過去のクライアント企業との取引実績や成功事例
    取引の実績や成功事例によって、SEO対策会社の実績と信頼性を確かめることができます。
  2. 取り組んでいる業界や市場
    業界や市場に精通したSEO対策会社であれば、より効果的な対策が期待できます。
  3. 提供しているサービスの幅
    SEO対策は多岐にわたるため、自社のニーズに合ったサービスを提供できる会社を選ぶことが大切です。

これらの情報を元に、自社に最適なSEO対策会社を選びましょう。効果的な外注先を見極めることで、費用対効果の高いSEO対策が実現できます。

▼関連記事
【業界別】SEOの成功事例5選!具体的施策と成功ポイントを解説

費用対効果の高いプランの選び方と注意点

SEO対策の費用対効果を最大化するためには、適切なプランを選ぶことが重要です。以下のポイントを踏まえて、自社に最適なプランを選びましょう。

  1. 自社が求める成果を明確にする
    目標とする成果を明確にすることで、達成可能なプランを選択しやすくなります。
  2. 自社のリソースを把握する
    自社の予算や人的リソース、技術力などを考慮し、現実的なプランを選ぶことが大切です。
  3. 対応可能な範囲を確認する
    自社が対応できる範囲を把握し、無理のないプランを選ぶことが重要です。

次に、各社のプラン内容を理解し、以下の注意点に留意して選択しましょう。

  1. プランの柔軟性
    契約の途中でプラン変更ができるかどうかを確認し、状況に応じて柔軟に対応できるプランを選びましょう。
  2. サポート体制
    SEO対策は長期的な取り組みであるため、サポート体制が充実しているプランを選ぶことが望ましいと言えます。
  3. 成果報酬型プランの注意点
    成果報酬型プランでは、成果が出ない場合に費用が発生しないことがメリットですが、逆に過剰な施策が行われるリスクもあるため、慎重に検討しましょう。

これらのポイントを考慮し、自社に適した費用対効果の高いプランを選ぶことで、効果的なSEO対策が実現できます。

コミュニケーションやサポート体制の重要性

SEO対策会社とのコミュニケーションやサポート体制は、効果的な取り組みのために重要な要素です。下記のポイントを確認し、適切なサポート体制が整っている会社を選びましょう。具体的な改善プランが提案される会社が理想的です。

さらに、以下のようなコミュニケーションスキルも重要です。

  1. 説明力
    SEO対策の専門用語をわかりやすく説明してくれる会社が望ましいといえます。これにより、自社で取り組むべき点や進捗状況を理解しやすくなるためです。
  2. レポーティングの質
    定期的なレポートを提供し、進捗状況や成果を明確に伝える会社が信頼できるパートナーとなるでしょう。
  3. 迅速な対応
    問題が発生した際や疑問点がある場合に、迅速かつ適切に対応してくれる会社を選びましょう。

これらのポイントを踏まえつつ、自社に合ったサポートをしてくれる相性の合う会社を選ぶことをおすすめします。

透明性のある報告方法

SEO対策の成果を確実に把握するためには、透明性のある報告方法が欠かせません。以下の5つのポイントに注目し、適切な報告方法を提供するSEO対策会社を選びましょう。

  1. 具体的なSEO対策内容
    報告書には具体的なSEO対策の内容が明記されていることを確認しましょう。
  2. 定期的な報告
    成果を的確に評価するために、定期的な報告は欠かせません。月次や四半期ごとなど、適度な期間で報告を受け取れる会社を選びましょう。
  3. わかりやすいデータ
    SEO対策の成果を示すデータ(ランキング、トラフィック、コンバージョンなど)がわかりやすく提示されていると状況を把握しやすくなります。
  4. 対策の評価と改善
    報告書には、実施した対策の評価や改善提案も含まれていることが理想的です。次の取り組みにも繋げやすくなります。
  5. カスタマイズ可能な報告書
    社内用の報告書に使えるようなカスタマイズしやすい報告書を作成してくれる会社が理想です。

SEO対策の成果を把握して施策の継続や改善の判断材料にするために、実施した対策内容をわかりやすく明確に報告をしてくれるSEO対策会社を選びましょう。

▼SEO会社でお悩みの方必見!東京エリアのSEO会社比較表はこちら

【東京エリア】SEO会社のサービス比較表
ダウンロード【東京エリア】SEO会社のサービス比較表

SEO対策会社の費用と料金相場の全体像を把握しよう

SEO対策会社の費用と料金相場の全体像を把握しよう

本記事では、SEO対策費用のタイプ別相場、費用・料金体系、そしてSEO対策会社の選び方と注意点を解説してきました。これらの情報を総合的に把握することで、自社に最適なSEO対策会社とパートナーシップを築くことができます。

ジオコードは18年以上の実績を持つ老舗Webマーケティング会社です。これまでに4,531以上のWebサイトで、SEO対策を実施してきました。アルゴリズムアップデートを幾度も乗り越えてきた実績があり、メディアサイトでは、SEO成功事例5選も紹介しています。

SEO対策でお困りの方は、そのお悩みをぜひ一度ジオコードへご相談ください。確かな技術と実績を持つジオコードが、あなたのビジネスに効果的なコンテンツマーケティング施策を提案し、成功へと導きます。

これまでに学んだ知識を活かし、最適なSEO対策会社を見つけて、効果的なオンラインプレゼンスを築いていきましょう。自社に合った料金体系やサービス内容を提供する会社を選ぶことで、費用対効果を最大化し、競合に差をつけることができます。

コミュニケーションやサポート体制、透明性のある報告方法も重要な要素であることを忘れずに、自社に適したビジネスパートナーを探してください。