不動産業界にとって重要な SEO対策や注意点を解説 不動産業界にとって重要なSEO対策とは?具体的な施策や注意点を解説

賃貸マンションや新築物件を探している人の多くは、Web上で物件探しをしています。しかし、不動産関連サイトはWeb上に数多くあり、自社サイトを持っているけれど、思うように反響がなく苦労しているという不動産会社も少なくないでしょう。

SEO対策とは、Googleの検索結果で自社サイトを上位に表示させて反響を増やすための取り組みです。Webからの集客が見込める不動産業界こそSEO対策が効果的です。

本記事では不動産業界にはなぜSEO対策が必要なのかを解説します。またどのような施策を行うとよいのかや、注意点も併せて紹介します。

不動産会社にSEO対策が必要な理由

Webから集客するために自社サイトを作っても、ただ物件を掲載しているだけではなかなか反響は増えないでしょう。Webからの反響を増やしたい不動産会社こそ、Google検索の結果で上位に表示されるための対策が効果的です。SEO対策が不動産会社に必要な理由を解説します。

広告やポータルサイトでは集客できないユーザーを集客できる

不動産会社では折り込み広告やWeb広告、ポータルサイトへの掲載などの方法で物件の宣伝をしています。広告にコストをかけて自社サイトへ誘導しても、サイトに情報が充実していなければ一時的にPV数がアップする程度の効果しか得られません。

SEO対策を行い、コンテンツを充実させれば、キーワードで検索したユーザーが直接自社サイトにたどり着きます。その際に、広告やポータルサイトだけでは得られない情報があれば、顧客になる可能性が高くなるでしょう。

ブランディング効果が見込める

不動産情報を探しているユーザーは、エリアや物件の種類といったキーワードを使って検索します。SEOでは検索キーワードを分析するため、自社の得意なエリアで物件を探しているユーザーに絞った対策が可能です。

地元情報を発信するなど、ユーザーのニーズに沿ったコンテンツの発信を続ければ、エリア名を含むキーワードの検索結果で上位に表示されるようになるでしょう。結果、「〇市の情報に強い不動産会社」「地域情報に強い不動産会社」など、自社が求めるブランド力を高められます。

自社の資産になる

不動産会社にとってWebサイトは、インターネット上の店舗としての役割が大きいかもしれません。しかし、SEO対策を行ったコンテンツを長期的に発信し、運用できるようになればWebサイトが自社の資産になります。

紙媒体の広告やオンライン広告は、広告を掲載している間は反響があるかもしれませんが、掲載をやめるとそれ以上の効果は得られません。

広告と違いWebサイトは、ページやサイトを削除しない限りユーザーを集客し続けられる可能性があります。ユーザーの求める情報を集めたコンテンツは、自社の資産となるでしょう。

基本的に無料でできる

折り込みチラシやリスティング広告などの有料広告とは違い、Googleの検索結果に表示させるには費用は必要ありません。SEO対策をして検索結果の上位に表示させられれば、費用をかけずに反響を増やせる可能性が高まります。

しかし、検索上位になったり、反響を得られるようなWebサイトを長期間運用し続けるには、時間や労力が必要です。

SEO対策は基本的に無料で行えますが、求める結果や社内の状況によっては手が回らないこともあります。そういった場合は、コンテンツの作成、サイト運用の外注を検討してみるのもよいでしょう。

具体的なSEO施策

SEOでは、ユーザーが検索する頻度が高い言葉をキーワードに設定します。しかし、地名や駅名などの検索されやすいキーワードで、大手ポータルサイトなどの競合に勝つのは困難です。不動産会社がSEO対策を行う際におすすめの施策内容やキーワードを紹介します。

エリアに特化したコンテンツを作成する

不動産会社のサイトでは、「エリア名」や「地名」で検索しているユーザーはエリアの環境を知りたいと考えている場合があります。

ポータルサイトでは伝えきれないような最寄り駅付近や商業施設の情報、エリアのランドマークとなる施設や公園などが分かるコンテンツがおすすめです。

都道府県名など広い範囲でなく具体的なエリア名や地名で検索しているユーザーは、転居や物件の購入を具体的に考えている傾向にあります。自社で得意なエリア名や地名をキーワードで上位表示できれば、問い合わせなどの反響につながりやすいでしょう。

エリア名+住みやすさ、治安など

エリア名と一緒に検索されやすいキーワードには、エリアの環境に関する言葉があります。興味を持っているエリアが住みやすいのか治安はいいのかなどの疑問は、エリアを絞り込むために知っておきたい情報です。

例えばお子様がいる家庭なら、エリアの「子育てのしやすさ」「治安」「保育園」に関するコンテンツがおすすめです。一人暮らしの物件探しならば「駅近」や「交通アクセスがよい」といった通勤の利便性に関するコンテンツも必要でしょう。

エリア名+地域情報

地元に詳しい不動産会社の情報は、エリアを検討しているユーザーに役立ちます。

例えば、どのような飲食店があるか興味を持っているユーザーのために、飲食店に訪れるレポート記事があれば、街をイメージしやすくなります。通勤通学のしやすさが気になるユーザーのために、主要駅まで所要時間や混雑状況などをまとめるのも有効です。現地を訪問せずサイト内の情報で暮らしがイメージできれば、物件選びを進めやすくなります。

地元に根差す不動産会社だから知っている地域情報をリアルに伝える記事が増えれば、Googleに価値ある情報として認められるようになり、上位表示されやすくなります。

ユーザーの悩みを解説するコンテンツを作成する

SEOでは、Googleに高く評価されれば上位表示につながります。Googleの検索ドライブはテーマに対して網羅されたコンテンツを評価する傾向があります。

サイトに掲載する物件数を増やすだけでなく「マンションの何階が住みやすいのか」「一人暮らしの物件選びではどのようなことに注意したらいいのか」など、物件探しが現実的になったユーザーが考えるような悩みや疑問について解説するコンテンツもサイトに取り入れてみましょう。ユーザーに役立つ情報が増えれば、サイトへの評価につながる可能性が高くなります。

賃貸物件に関する悩みと解決方法を解説

ユーザーの悩みには賃貸物件に関するものも多くあります。「自転車置き場が無くて困っている」「キッチンが狭くて使いづらい」などの悩みを解決するコンテンツは、現在の物件で困っている人や、これから物件探しする人も知りたい情報です。もし現在の物件で悩んでいる場合には、記事を読んで自社の物件ページへ行き、条件のよい物件に興味をもつかもしれません。

賃貸物件の悩みを解決するコラム記事を充実させて、ユーザーに役立つサイトを目指しましょう。

物件に関するメリットデメリットを解説

物件選びで迷っているユーザーには、メリット・デメリットを伝えるコンテンツも効果的です。

例えば「駅から徒歩20分」の物件の場合、一人暮らしで通勤のしやすさを重視している人にとってはデメリットに感じられるかもしれません。しかし、駅から遠くなれば家賃が下がる傾向があり、家賃を重視する人にはメリットになるでしょう。

お子様のいる家庭の場合、駅から多少遠くても学校や公園が近くにあれば選択肢に加える可能性もあります。

どのような物件が向いているのかを判断する材料としても、物件のメリット・デメリットを伝えるコンテンツは有効です。

不動産にまつわる質問と回答を解説

物件の購入や賃貸の意思が固まるにつれて、不動産にまつわる疑問がでてきます。例えばローンや手続きの流れなど契約に関する質問や、「エアコンを増設したい」「騒音が心配」など物件に関する疑問です。これらの契約やトラブルに関する質問は多くの経験を持つ不動産のプロが答えると、信ぴょう性が増してサイトの信頼度を高められます。

ユーザーが疑問に思う内容をQ&A集や疑問に答えるコラム記事にして、ユーザーに役立つサイト作りを心掛けましょう。

ユーザーの悩みはキーワード調査ツールで調べる

物件探しの悩みや不安を解決できるコンテンツを作れれば、自社サイトへ集客が増えるだけでなく、サイトを訪れたユーザーが他のサイトへ離脱するのを防ぐための手段にもなります。

悩みや不安などユーザーが解決したい目的は、やみくもに探すだけでは正確な検索ニーズを把握できません。ユーザーの検索意図を正確に把握するために、キーワード調査ツールを利用すると効果的です。

積極的に取り入れたいキーワードと、おすすめのキーワード調査ツールを紹介します。

ロングテールキーワードを調べる

SEOで頻出する言葉に「ロングテールキーワード」があります。ロングテールキーワードとは、一つの言葉だけでなく複数の言葉を組み合わせたキーワードです。

例えば「エリア名 賃貸 ファミリー」や「駅名 住みやすさ ファミリー」のように、狙いたいキーワードを含んだ検索数の少ないキーワードを狙う手法です。検索ボリュームが大きい「ビッグキーワード」や「ミドルキーワード」はポータルサイトなどの大手が競合になるため、SEOの効果を狙うのが難しくなります。

そのため、あえて検索ボリュームの大きなキーワードは狙わず、比較的検索ボリュームの小さいロングテールキーワードを狙ったコンテンツ作りが効果的です。複数のキーワードで検索しているユーザーは、検索意図が明確で具体的な物件を探している段階にいる可能性が高く、反響が期待しやすいためロングテールキーワードは重要です。

大手ポータルサイトと被るキーワードは避ける

キーワード候補をGoogleで検索した場合に上位がポータルサイトや大手不動産会社のサイトで埋まっているならば、上位表示を狙うのは困難だと考えられます。ただし、上位サイトやポータルサイトよりも自社のコンテンツのほうが詳しくオリジナリティのあるコンテンツを作成できるのなら、狙ってみるのもよいでしょう。

まずはロングテールキーワードでの上位表示を狙い、サイトへの流入が増えてきた段階で検索ボリュームの大きなキーワードを狙うのが一般的な方法です。

おすすめのキーワード調査ツール

ユーザーのニーズに沿ったキーワードを選択するには、キーワード選択ツールが欠かせません。検索ボリュームや検索結果への表示順位などを調査できるので、効率よくキーワードを選べます。キーワード調査ツールは複数あり、その中から無料で利用できるものをいくつか紹介します。

  • キーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • aramakijake.jp
  • Ubersuggest
  • SEOチェキ

無料のキーワード調査ツールでも十分な性能がありますが、競合が強い場合はより詳細な調査が必要です。まずは無料で試してから有料のツールの導入を検討しましょう。

SEO対策を行う時の注意点

SEO対策ではキーワードの選定が重要ですが、それだけで成果が出るわけではありません。検索結果からユーザーのニーズを分析した上で、長期的にユーザーが求める情報を提供し続けられれば、役立つサイトとして成長するでしょう。SEO対策を行うときに注意したい点を3つ紹介します。

継続的にコンテンツを公開する

SEOでは、継続的にコンテンツを増やして運営し続ける必要があります。不動産会社のWebサイトでは、リアルタイムに物件情報公開できれば新鮮な情報を提供しているサイトとして信頼されるようになります。

サイトは一度作れば勝手に伸びるものではなく、コツコツとコンテンツを積み重ねる必要があります。Web担当者を決めて継続して作業できる環境を整えることが大切です。

定期的にリライトをする

サイトは作成後そのまま放置してよいものではありません。成約した物件情報を更新せずに放置しているサイトや、古い記事のみが掲載されているサイトは、閲覧するユーザーに間違った情報を提供する可能性があり、会社の信頼に影響を及ぼす恐れもあります。

常に更新して新しいコンテンツが増えているサイトは、新鮮な物件情報が手に入るサイトとして、ユーザーからもGoogleからも認識されるようになります。SEO対策では更新作業や情報の積み重ねが大切です。リライトの担当者を決めて、定期的に行うようにしましょう。

物件情報は細かく記載する

Web上で物件を見つけるユーザーは、できるだけ詳細な情報を確認したいと思っています。物件の基本情報だけでなく、物件に詳しいプロから見た情報があれば信頼度も上がります。

Web上で物件探しをする場合、画像や動画の多さも重要です。細部が確認できる画像や動画などを掲載すれば、ユーザーの物件への不安も解消できるでしょう。

SEO対策をしたコンテンツで集客を増やそう!

不動産会社のWebサイトでは、エリアに特化した情報を掲載するなどのSEO対策が効果的です。ユーザーニーズに基づいたコンテンツを継続的に提供して、検索結果の上位表示されるようになればサイトのブランディングにつながり、いずれは会社の資産として成長するでしょう。

SEO対策の必要性は感じているけれど、ノウハウがない場合やサイトの運営になかなか時間がとれない場合には、ぜひジオコードにご依頼ください。