金融業界が取り組むべき SEO対策や注意点を解説 金融業界が取り組むべきSEO対策とは?具体的な施策や注意点を解説

SEO対策は金融業界のオウンドメディアとの相性が良いです。正しくSEO対策を行うことで検索結果が上位表示されるようになり、Webからの流入を増やすことができるでしょう。しかし、自社サイトでも対策したいけれど、やり方がわからずに先延ばしになっているという企業も多いのではないでしょうか。

本記事では、金融業界のオウンドメディアがSEO対策するべき理由から、具体的な対策の内容・注意点を解説します。自社サイトでSEO対策をする際はぜひ参考にしてください。

金融業界がSEO対策をするべき理由4つ

多くの企業では、マーケティングの一環としてオウンドメディアを運営しています。SEOはGoogleの検索結果に沿ったマーケディングの手法で、検索結果からユーザーのニーズを分析できます。

金融業界は扱う商品やサービスの内容から、他の業界と比較してSEO対策での成果が現れやすいのが特徴です。金融業界のオウンドメディアにこそSEO対策をおすすめする4つの理由を紹介します。

YMYL領域なため信頼を得やすい

Webマーケティングでは、YMYLという言葉がよく使われます。YMYLは「Your Money or Your Life」の略で、Googleのガイドラインにも記載されている項目の一つです。このガイドラインにより、人のお金や人生に影響を与える領域のコンテンツは厳しく評価されます。

厳しく見られるからこそ企業ドメインの評価は高く、上位に表示されやすいメリットがあります。金融業界では、企業でオウンドメディア運用に取り組むことで、SEO対策が有利にすすめられるでしょう。

多様化する顧客のニーズに応えられる

近年、消費者の購買行動の変化によって顧客のニーズは多様化しています。従来は商品の力や価格で購買につながっていた業界でも、顧客のニーズを細かく読み取ったマーケティングが欠かせなくなってきました。

SEO対策を行うには、Googleの検索結果からユーザーのニーズを細かく分析する必要があります。分析結果を活かして自社サイトを運営することで、顧客のニーズに応えて購入につながる仕組み作りが可能です。

ユーザーの不安や悩みを解消できる

消耗品や日用品などの購入と比べて金融商品は金額も大きく、間違った選択をしたくないという意識が働きます。そのため購入を決めるまでには、時間をかけて慎重に選ぶ傾向があります。

オウンドメディアでユーザーの不安や悩みを解消できるようなコンテンツを提供し続けられると、ユーザーから信頼できるWebサイトだと認められ、サイトを運営する会社や商品への信頼度も上げられます。

ユーザーのデータを得られる

ユーザーがどのような不安や悩みを抱えているのかを把握する手段としても、SEO対策は有効です。

Web上で検索したキーワードから顧客のニーズを分析できるため、分析結果を元に顧客が必要とする情報を網羅したサイト運営ができるようになります。その結果、サイトの価値を高められ、YMYL領域でも表示されやすくなる可能性があります。

分析したデータをサービスや商品の向上に活用すれば、ユーザーの目的に合わせた提案も可能になるでしょう。

情報感度が高いユーザーと接点を持てる

金融業界のWebサイトを利用するユーザーは金融に関する情報感度が高いため、企業側は商品に求める目的が明確になっているユーザーとの接点が持ちやすくなります。

情報感度の高いユーザーは、最新の情報や信頼できる情報を求めています。ユーザーに合った情報を提供して信頼できるサイトだと思われれば、継続してオウンドメディアを利用するようになるでしょう。

ユーザーを見込み客に育てやすい

金融商品の購入を検討しているユーザーは時間をかけて検討する傾向があり、検討の段階に応じてさまざまな悩みや疑問が発生します。

SEOでは金融商品を検討している人が、どのようなキーワードで検索しているかを分析して対策することが可能です。興味の度合いに合わせたさまざまなコンテンツを作成できれば、長期的に接点が持ちやすくなります。

従来の営業方法では関心を持ち始めたばかりのユーザーと長期的につながることは難しく、見込み客に育てづらい環境でした。しかし、SEO対策によって長期的な接点が持てれば、関心を持ち始めたユーザーも時間をかけて見込み客へ育てやすくなります。

金融業界におすすめのSEO対策

金融商品は長期的に資金を投入するものや高額な商品も多く、じっくりと検討してから購入したいと考える人が多いでしょう。

自社商品の情報以外にも金融商品に関心がある人に向けて、知識を高めるコンテンツや疑問を解決できるようなコンテンツを充実させれば、ユーザーにとって役立つWebサイトとして認められるようになります。

ユーザーのニーズに沿ったコンテンツが増えれば、サイトへの流入が増えるだけでなく継続的な関係を築けるでしょう。

人には聞きにくいお金の悩みに寄り添うコンテンツ

お金に関する悩みは、人に相談しづらく自分で抱えたままにしてしまうことも多いです。投資やローンなどは、身近な人にほど話題にしづらいと感じる場合もあるでしょう。

ユーザーが抱える悩みを解決できるコラム記事やインタビュー記事があれば、不安を軽減できるかもしれません。悩みに寄り添ったコンテンツが多いオウンドメディアは相談しやすい雰囲気があり、電話やチャットなどでの問い合わせもしやすくなるでしょう。

初心者にもわかりやすい教科書のようなコンテンツ

金融商品やサービスは専門性が高いため、初心者にとっては利用のハードルが高く感じられる場合があります。初心者でも理解できるような、金融の知識を体系的に身に付けられるコンテンツがあれば、サイトだけでなく企業への信頼性も上がります。

サイト内で学ぶうちに、自社の商品やサービスを知ってもらう機会が作れるなどのメリットも期待できるでしょう。

ノウハウやテクニックなどの情報

金融知識を身に付けられるコンテンツの中には、基礎知識だけでなくノウハウやテクニックなどの実用的な内容を取り入れるのも効果的です。一定の知識があるユーザーならば、より専門的な情報が手に入る会社への信頼度は高くなります。

専門的でかたくなりがち内容は、動画でプロが解説するなどの手法を使えば、ユーザーが気軽に知識を身に付けやすくなるのでおすすめです。

用語解説のコンテンツ

金融に関する情報は専門性の高い用語が使われることが多く、金融商品やサービスを検討しているユーザーにはなじみのない用語も多く使われています。

金融用語や情報を読み解くために必要な用語をまとめて、用語集や解説記事を用意して初心者でも理解できるよう工夫をしてみましょう。サイト内で一貫して情報収集ができるため、他サイトへの流出を防げるメリットもあります。

インタビューや取材コンテンツ

業界で活躍している人の生の声や、実際にサービスや商品を購入した人の話は、利用を検討しているユーザーにとって有益なコンテンツです。

実際に保険や投資などを利用している人の話は参考になりやすく、将来の自分の姿がイメージできます。商品やサービスの利用を現実的に考えるきっかけになるかもしれません。

金融業界がSEO対策をする際の注意点

金融業界のオウンドメディアがSEO対策で得られるメリットは複数あります。しかしYMYL領域のコンテンツは、情報に問題があると会社の評価を下げる恐れもあるため十分な対策が必要です。

SEO対策を行う際に注意すべき点を具体的に確認しましょう。

コンプライアンス・リスクを守る

企業にとって法令や社会的なルールを守ることは重要な責務です。Webで発信する情報は社会に与える影響力が高く、オウンドメディアもリスク管理を徹底する必要があります。

オウンドメディア内で誤認させるような広告がある場合や間違ったデータを公開した場合などは、会社の信頼を下げることにつながります。場合によっては、損害賠償責任を負うなど経営に支障をきたす恐れもあるので、サイト運営に関わるスタッフのコンプライアンスの徹底が必要です。

監修者をつける、専門ライターに依頼する

コンプライアンス違反を避けるには、コンテンツの監修を専門家に依頼したり、金融分野の知識や経験のあるライターに執筆を依頼したりするのも有効です。

特に金融業界ではYMYL領域の情報を扱うため、専門知識のある人の監修や執筆はGoogleからの評価を高めやすくなります。

金融業界に合わせたSEO対策に取り組もう

SEOはユーザーのニーズを分析し、オウンドメディアへ訪れる人を増やす施策です。金融ジャンルのコンテンツは検索エンジンから信頼度を厳しく評価されるため、企業サイトに向いています。

SEO対策をしたコンテンツを作成すると、ユーザーのニーズに沿えるため、顧客となりうるユーザーと長期的な接点を持つことが可能です。そのため、金融商品のように関心を持ってから購入までじっくり検討する時間が必要な商品に適しています。

SEO対策で成果を出すには継続した運用が必要ですが、作成した有益なコンテンツは会社の資産ともいえるでしょう。もしSEO対策にかける時間がないと感じている場合や、信頼できる監修者や専門性のあるライターに依頼したいという場合は、SEO対策の実績が豊富なジオコードにぜひご相談ください。